平成21年12月4日施行 改正銃刀法

【主な改正点】

@更新申請期間の変更
 更新申請期間が誕生日の2ヶ月前から一ヶ月前までの間となります。
 今までは二ヶ月前から15日前までの間とされ、猟銃・空気銃所持許可証の更新申請期間欄には旧更新期間が記載してあります。
 今後は間違えのないように手続をしてください。

  例 平成22年3月11日が誕生日の方は、
      平成22年1月11日から同年2月11日までの間となります。
     

A添付書類の追加
 所持許可にかかる欠格事由が追加されたことに伴い、今後は所持許可申請及び更新申請の際には身分証明書(自動車運転免許証や保険証のことではありません)誓約書が添付書類として追加されます。

 今回、欠格事由が追加されたことで、
  ※「身分証明書」は、
    法第五条第一項第二号の「破産手続開始の決定を受けて復権を得ないもの」等を明らかにするために市町村長が照明してくれるもので、本籍地の市町村で発行しています
  ※「誓約書」とは、
    法第五条第一項〜第十八号及び法第五条の二第二項第二号・三号に該当しない旨の誓約書となり、書類は警察署に備えてあります。
   誓約書に憑いては、申請時窓口で作成されても結構です。


B精神科医等作成の診断書
 今後、更新及び新規申請など全ての申請時に、精神科、心療内科、神経内科などの専門医による診断書が必要となります。内科・外科などの病院で発行された診断書は無効となってしまいます。
 
 今回定められた専門医とは、
  ア 精神保健精神保健指定医
    (精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第18条第一項の規定)
  イ 精神科、心療内科、神経内科等を標榜し、二年以上精神障害の診断又は治療に従事した経験を有する医師
  (イの石の該当基準は統一性を確保するため県本部で判断します)
等となります。
 医師等が解らない方は警察署へ連絡してください

 病院によっては即日診断書が出ない場合もありますので御注意ください。
 診断項目は、経験者講習会で配布している診断書、
  統合失調症、そううつ病(そう病及びうつ病を含む。)、てんかん(発作が再発する恐れがないもの、発作が
  再発しても意識障害がおもたらされないもの及び発作が睡眠中に限り再発するものを除く。)その他自己の
  行為の是非を判断し、もしくはその判別に従って行動する能力を失わせ、もしくは著しく低下させる症状を呈す
  る病気ではなく、介護保険法第8条第16項に規定する認知症又はアルコール、麻薬、大麻、あへん、もしくは
  覚せい剤の中毒者であるかないかに関するもの
 と変更はありません。
 医師の診断書の有効期間については、申請時の一ヶ月前までのものでなければ無効となります。


C手数料額の変更
 更新手数料が、(5,800円→)7,200円などと各種申請手数料が変更されます。


D認知機能検査の実施
 申請時75歳以上の猟銃等所持者について、申請時に認知機能検査を実施します。(※認知機能検査は有料<650円>となります)
 更新の場合は、更新を迎える誕生日が75歳以上であれば、この検査を受けてもらいます。運転免許証でも同様の検査が平成21年6月から導入されていますが、試験ではなく簡単な検査となります。


E技能講習の実施
 更新時あるいは新規申請時に技能講習終了証明書が必要となります。ただし、現在所持している銃ごとに1回めの更新は免除となります。  
 今後、新たに猟銃等を申請する人は、技能講習を受講することが必要となります。この講習は所持する銃種ごとに受けてもらい、証明書は3年間有効です。
 詳しい手続等については、警察署にお問い合わせください。


F実包購入等の帳簿記載と保存
 実包等の所持に関する規則が強化され、実包の製造、購入、消費及び廃棄等の項目を帳簿に記載して保存することが義務化されます。 
 帳簿には、法で定められた項目を記載すればどのような形でも問いません。
昨年猟友会で配布した「会員手帳」には、今回の法改正をみこして各種実包の詳細などを記入する欄が設けられていますので、確実に記入して手帳を保存しておいてください。帳簿の保存期間は3年と定められています。

 

G欠格事由の追加
 猟銃を所持されている方の欠格事由については以下の事項が追加になりました。
 ・破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者
 ・禁錮刑以上の計に処せられ、執行が終わり、執行を受けることがなくなってから5年を経過しないもの
 ・ストーカー行為をし警告を受けた、又は命令を受けた日から起算して3年を経過していない者
 ・配偶者暴力で命令を受けた日から起算して3年を経過しない者
 ・他人の生命、身体もしくは財産もしくは公共の安全を害し、又は自殺をするおそれがあると認められる者
です。


H所持者の皆様へ
 皆様には、平素から猟銃等による事件事故の防止をはじめ、警察業務各般にわたり、御理解と御協力を賜り厚くお礼申し上げます。
 本園12月4日から銃刀法が改正され、以前よりも厳しくなりますが、これも皆様が安全に猟銃を使っていただき、事故を防止するための改正である事を御理解いただき、今後も御協力をお願い申し上げます。

沼津警察署 生活安全課 銃砲係

以上、警察からの配布書類を2009/11/28に弊社HPに転記。