北海道エゾ鹿ツアー 2007

2007年10月28日から11月4日までの北海道ハンティング研修のページです。

今回の研修について記録をするということよりも、北海道に出向いてハンティングをして見たいという方々への参考になればと思い作成いたします。


1.準備計画のページ このページです
2.本州内移動・フェリー移動 <クリックしてください
3.北海道内活動 <クリックしてください
4.その他 <クリックしてください


《準備》

行動予定などは次のように計画しました。
 移動手段:自分の車両を自走・フェリー移送して上陸。
 同行者:無し(愛犬は同行)
 行動期間:8日間 (本州内移動に二日、道内の移動に二日+α、道内での狩猟は3日)
 軍資金:18万円
 宿泊:愛犬もいるので面倒な宿の交渉はしたくない&経費節減ということで 車中泊
 目標捕獲数:自分の保存容量を考えて最大3頭
 風呂:日帰り入浴施設を最大限に活用する
 現地行動:鹿を追うだけではなく、昔訪れたことのある懐かしい地区も訪問、新規猟区の偵察もする。


事前の準備
 車両:高輝度フォグ・ドライビングランプ装着(車の本来のヘッドライトが昼行灯のため、夜間走行にかなり神経を使ってしまうので)
     12ヶ月点検相応の整備を実施、ブレーキパッド・エンジンオイルを交換。バッテリの状況を確認。
     タイヤはスタッドレスタイヤを装備。
     スタックに備えて、簡易型電動ウィンチ・ロープ・スコップを用意。ブースターケーブル・スペア電球・チェーンなどは前からありました。
     去年3月に購入した中古車であることと、前の職業の反動が出ていたためかジャッキの位置・スペアタイヤの空気圧はチェックしないままでした。
     まあ、おかげで某所で偉い目にあいましたが。
 
 滞在中の食料:外食ばかりでは費用が嵩みますし、夜が早い北海道では食いはぐれる可能性が高いです。
           コンビニもそんなにありません。食堂関係はもっと少ないです。
        そのため、次のものを用意しました。
         ・さとうのご飯
         ・レトルトのカレーなど
         ・緊急食としての用途も考え、カロリーメート
         ・寝酒のウィスキー
         ・カロリー食としてパイナップル缶
        加熱は、ブタンガス利用のガスバーナーが車に常備されているのでそれを使います。
        また、食器を洗う手間と水の消耗を考え、サランラップを食器に敷いて、食い終わったらラップを捨てればよいとしました。

        内心は、北海道で旨いものも喰うぞ!と雄叫び上げていたのですが・・・・。
 
 今回始めて購入した物品
    ・トランジスターラジオ:車両にあるラジオですと、バッテリーに負担をかけますのでトランジスターラジオを買ってきました。
    宿泊中にも音量を下げてつけっぱなしにしておき、また車から離れるときも万が一を考えてスイッチを入れておきました。
    戻ってきたら、キタキツネに荒らされていた、では困りますからね。

 車中泊に伴う物品
   特別新たに装備したものはありません。普段からキャンプ道具を積んでいます(地震が囁かれる静岡にいるということも
   あります)。
   テント・タープ・七輪・ガスバーナー&ガソリンバーナー等・シュラフ・アンダーシート等等。シュラフは冬用装備です。
   これらのうち、七輪と木炭は降ろしました。車の中で使うのは自爆行為です。
   テントとタープは降ろし忘れた、というべきでしょう。
   室内での調理補助用に、普段ダンボールの封印をあけるくらいにしか使っていなかった7徳ナイフを車に移しました。
   車内照明用として、ダイオードのライトを車に入れました。従来装備していたマグライトは、電力消耗激しいので予備に回しました。


渡道方法のチョイス
 @飛行機:今まではこればかりでした。ただ、今は鼻の潰れた犬(ブルドックですとかパグですとかシーズーですとか)は断られるそうなので・・・・。
        北海道での移動手段を確保する必要があります。これにつきましては、このページの下部に記載します。

 Aフェリー:自分の車を運ぶなら最適です。犬の移送が航路によりまちまちなのが問題です。二等船室でごろ寝はちょっと・・・ですが。
        二等分の料金は、自動車輸送料金に含まれます。居住区?をレベルアップする場合は、運転手分は差額を払うこととなります。
        運転手以外の同乗者は、別途料金を払います。

 BJR:カシオペアや北斗星がありますね。一度は乗ってみたいです。
        凄まじく高級です。予約もかなり大変の様子。でも、寝台特急で・・・というのは夢ですね。

 C各種ツアーに便乗:北海道フリープラン4日間とか、スキープランなどに便乗しちまう方法です。
        メリット:お安い(レンタカーつきプランもありますし、殆どが宿も勝手についてきます)。
        デメリット:自由が利かない部分がある(レンタカーのグレードアップが出来ない、宿が一箇所に固定とか)。
 
 番外:ヒッチハイクまたは知り合いに載せていってもらう>>他力本願非現実思想

 《荷物の量》
  渡道するにあたり
   ・銃と弾薬、その収納具
   ・着替え (猟装&通常衣服)
  の二点プラスアルファとなります。かなりの荷物となることもあるでしょう。
   《荷物の搬送》
    ・飛行機:乗っけちまえば持っていってくれますが、飛行場までは自分で運ぶこととなります。自家用車以外の交通手段を使う場合は
          かなりの負担となります。
    ・自家用車:どうとでもなりますね。

    ☆北海道での第一泊目の宿に、宅急便で(銃と弾薬以外)送ってしまう方法があります。宿に前もって連絡することは当然必須です。


自前の車で行けば犬も楽チンかと、フェリー航路を調べてみました。
概略を記載します。乗用車は5m未満の料金です。詳しいことはhpアドレスを記載しましたので御確認してください。(季節料金がありますから)

 茨城県大洗→苫小牧:18時半発の豪華版と深夜2時発の簡易版?があります。一般的には豪華版のほうが受けがよい様子。所要時間は19時間
          乗用車運賃は¥25,000-(運転者一名のエコノミー料金含む)
  商船三井: http://www.sunflower.co.jp/ferry/index.shtml

 愛知県名古屋→宮城県仙台→苫小牧:所要時間仙台→苫小牧で14時間45分
          乗用車運賃は¥24,200-(運転者一名の2等料金含む)
  太平洋フェリー: www.taiheiyo-ferry.co.jp/

 青森県八戸→苫小牧:08時45分・13時00分・17時30分・22時15分発 所要時間は7時間
          乗用車運賃は¥24,070-(運転者一名の2等料金含む)
  シルバーフェリー(川崎近海): http://www.silverferry.jp/index.asp

 青森県青森→函館:発時間は2・3時間に一本のペースであります。所要時間と料金はは3時間50分かかる従来型で18,160-、最新鋭高速艦なっちゃんは1時間45分で¥20,000-(なっちゃんの発時間は3時、10時、15時、20時) 朝三時発の場合は、安全確保のためでしょう、ちと時間がプラスとなります。

 青森県大間→函館:発時間は9時半、16時20分の二本がこの季節での設定です。所要時間は1時間40分
          乗用車料金は¥14,030-(運転者一名の2等料金含みます)
  東日本フェリー http://www.higashinihon-ferry.com/

 新潟県新潟→小樽:発時間10時半 所要時間は18時間 乗用車料金は¥19,000-(2等料金一名含む)
          この会社は、舞鶴発・敦賀発・秋田発の航路も持ちます
  新日本海フェリー http://www.snf.co.jp/index2.html

今回の場合、私には一つの条件がありました。愛犬がストレスなく移動できること、です。
調べてみると、犬は車内に残留(航海中は車両デッキにはいけません。万が一のときは船と運命をともにするのが前提??)ですとか、ケージルームにおきっぱなしですとか。困ったなと思ったのですが、八戸航路は『特等・一等船室を占有借りきりとするならば、犬などを同行できる(ただし、吼え声などがうるさい場合は車に戻す)』という特約があったのです。
最初は高速フェリーの『なっちゃん』で最短時間とし、その後目的地まで函館→噴火湾沿いに北上→日高経由で目的地 とも考えていたのですが、体力の問題も考慮しまして八戸→苫小牧航路を選びました。一等は4人、特等は二人部屋。正規料金の差額分をドライバーは払えばよいのですし、残る一名分も×0.75の金額です。
一等3名分の75掛けの料金を払うより、一人分の特等料金の75掛けのほうが安いですね。

恋人といかれたい方には、特等ですとかスペシャルスイートをお勧めしますよ。 防音はどの程度か知りません。

というわけで、高速料金は無視して八戸→苫小牧航路を選択しました。

ちなみに、大洗航路の25000円は飛行機で渡同する際の大まかな料金と同じです。
また、ネット予約をする・往復同じ航路を使う場合など、割引が効きます。JAF会員さんの割引もあります

私が今まで使ったことがあるのは 八戸・大間・青森です。
二度と嫌だ!とおもうのは大間です。たどり着くまでが長いんですよ。《恐山》見学したい人、大間でマグロ買い付けたい人以外には
お勧めいたしません。

まあ、(私の場合は)犬の問題がなければ大洗航路を利用するのがもっともリーズナブルですね。


2.本州内移動・フェリー移動のページに <クリックしてください

《北海道でのレンタカー利用》
北海道での脚を必要とする場合、一番手配しやすいのはレンタカーでしょう。フェリーで車だけ輸送、ご自分は飛行機で行く!という
手もあります。
ただ、お値段はすごーく高いです(通常の輸送料の二倍?)。

では、レンタカーがどのくらいの費用か?
一番理想的なのは、俗に言うスーパー4WDです。ランクル・パジェロなどですね。置いてあるレンタカー屋さんもあるそうです。
一般的に用意されているのは、2000CCのスーパー4WDもどき?です。ラブ4・CR−V・エクストレイル等ですね。
ツアープラン利用などで付いているのは、コンパクトカーです。マーチ・フィット・デミオ等等・・・・。

変わったところでは、ビジネスクラスというのがありまして、ハイエースですとか44ナンバのワゴンなどがあります。

では、どれを選んだらよいか!

やっぱり、スーパー4WDをお勧めします。走破性能が高いですし、視界が高く広いので見張りが効きます(低車高ですと、熊笹のほうが眼より上になって
壁を見ているようなものです)。ただし、ウィンチなどが付いているわけはない!ので走行には油断は禁物です。

CR−Vなどは、お気をつけください。CITY RUN ABOUT 4WD です。なんちゃって4WDです。泥道を積極的に走る作りはされていません。
うそでぇ!と思われる方は、リアのドライブシャフトをご覧ください(FFベースですので、メイン駆動はフロントです)。ドライブシャフトの細さを
よーく見てください。 元ホンダマンの私が言うんです。
エクストレイル?すみません、下を覗き込んだことも乗り回したこともないので断言しません。怪しいと思いますけどね。

パックツアー御利用の場合、車のグレードアップが可能かどうかを確認することをお忘れなく。

ちなみに、ちょっと調べたところでは三菱アウトランダー2.4がレンタルされとりました。
初日の24時間が¥20,475- それ以降一日¥15,225-

4日間借りると ¥66,150-也 ですね。それに+燃料費です。

なお、レンタカーだからといってどう使ってもよいわけではありません。あたりまえですけど。

車内に鹿の血糊べったーり!なんてやっちまったら実費で賠償ですよ。車をへこましちまった、などという場合も(林道でボコーンとか)の場合
実費請求される可能性大です(借りるときに『エゾ鹿猟でつかうんだ〜』といって借りたなら大丈夫かも。そういっていない場合は『普通の使用契約
から逸脱してる!』となりますね。ちなみに、修理にかかる期間の休業補償保険では補填されません

そうならないためにも、ブルーシートくらいは最低限用意しましょう。出てきた血を吸わせ、絞って捨てることが出来るようにウェス代わりの
タオルも用意してください。換気をしっかりして、鹿の獣臭が車に染み付かないようにすることも必要です。

慣れない車(普段使っている車があるならそれを手配してもらうのが手です)ですので、ブレーキ間隔もハンドリングの感覚も全部がちがいます。
くれぐれも気をつけて走ってください。

両脇が狭くなってきたら、決断してください。
 熊笹だけで済めば、ワックスをかければ消える程度の後しかつきません。
 そこに太い枝があると、塗装が削れる可能性があります。
 ・熊笹に隠れて岩が出ていた。そこにヒットした場合・・・・板金必要ですね。
いくも戻るもあなたの判断です。<<これが北海道。あなた自身の判断で動くのです。他力に依存するしかない人は行かないことです。

林道の実際は、その一部を写真にとって参りました。そちらをご参考にしてお考えください。
とんでもない場所は、私も運転に必死でしたので写真はございません。(安全なところまでいったら、停車して歩いて写真取ればよかった
じゃないか、という声も聞こえますが・・・・勘弁してください。そういう場所は急に出てきます。出来るだけ車の勢いを殺さないで置くことも
スタック回避のためには必要なんです)

まあ、林道にもいろいろあります。
支線』というメイン林道だとよく手入されているものが多いので、多分デミオなんかでも走れるでしょう。
ただ、それから分岐している脇道は 狭い・ガタガタ・グチャグチャ・ドーン(下回りを打つ音)・ベキン(枝をへし折る音)・ギ〜〜〜〜〜〜〜〜ィ
(枝がボディを擦っていく音)
 のオンパレードです。そして突如道がなくなります♪大体これがお約束。

慣れるまでは支線だけ走るのも手です。

脇道で、タイヤが穿り返しまくったようなところ、黒土でタイヤ跡の両脇に土が盛り上がっている場合は要注意です。ブルとーザーの道は気をつけて。
ブルの無限軌道、幅広キャタピラのトラクション能力はスゲーものがあります。 ゴムタイヤがたちうちできるもんじゃあありません。
穿り返した場所がどうなのか・・・・。一度はまってみりゃわかるんですが。
その場所は『四駆のヌタ場』で横滑りダンス大会へようこそいらっしゃい〜♪ の可能性が大です。
運がよければ抜けられて、そのあともとの支線・別の支線に出て、そこに戻ることはないでしょう。
運が悪けりゃ はぁ〜い♪ヽ(*^▽゜ *)ゞ^ ヾ☆行き止まり!! WELCOME BACK! MUDDIST MAD LAND! 運転者は神仏ご先祖様に急いでお祈りしてから
突撃してください。二度目の幸運があればよいのです。(それでも、どこをタイヤを通したら 無理がないか(どこが通りやすいかな?)、どこに片輪乗っけたら腹を打たずに済むかな?)と考えつつ(時間はあまりないですよ)はしってくださいよ)。

宮本武蔵のように『神仏に頼まず。神仏は敬うべし』というひとは、それなりのスキルをつんでいなければなりません。

初めての人は、ケツに帆をかけて逃げまくるが正解です!

無事に帰ってこれたら、逸れも良い思いでですから。


雪が降った後は、その場所を何度も行った人でない限り自殺行為でしょう。除雪なんてされてませんからね。道に見える場所はそうでない熊笹野原のこともありますし、樹を切った跡で切り株が鎮座していることも多々あります。亀の子になったら苦労しますよ。

《どうにもこうにもスタックしてしまった!》自力脱出は無理・・・誰か助けて・・・・

当然として、携帯はまずつながりません(多分まず無理。衛星携帯もってる金持ちは除外)。アマチュア無線を御持ちの方は忘れずに! でも、エマージェンシーコールするにしても自分がどこにいるのかわからないのでは・・・・ね。
車のナビでは、緯度経度表示が出来ないものが殆ど(の筈)です。ハンディGPSを持っていくと少しはロケートしやすい(位置特定しやすい)です。

※緊急事態のときは、アマチュア無線免許を持たない人でも電波の発射は合法とされます。ぶっ放しましょう。

一人で行く人は、本当によく考えてください。今回私は一人で行きましたが、その昔嫌な経験をつんで、その結果野性の本能がビキバキに働く、そしてそれに素直に従うから今こうしてヨタ文を書いております。(カンが狂ったら、サヨウナラです)

『鹿はどこぢゃー!』と余所見をしていて、崖から転落ということもありえますよ。 その場合、何年後に見つかるかは誰も予想できません。


なお、車の燃料残にはお気をつけくださいね。半分を切った位置になったくらいで出来るだけ補充してください=街中に戻りましょう。
ガス欠になったら、車はただの鉄の箱です。暖房も入りません。バッテリも消耗する一方ですからライトもクラクションもラジオもダウンします。
本州のようにあちこちガソリンスタンドがないのが現実です! いやほんと、真面目に見つけることが至難の業??です。
集落があっても、農家が点在しているだけで・・・ということはよくあります。安かろうが高かろうが補充してくださいね

こんなところでしょうか・・・・。

え?

『汚れたまま返せば傷が付いていてもわからないじゃないか?』

甘い!それはサッカリン以上に甘すぎます。
そういう車が戻ってきた場合、店員は警戒します。
高圧洗浄機で車を洗って外見のチェックを終えるまで足止めですよ。 正直が一番だと思います、はい。

《普通の車じゃ無理か?》

雪のない時期に、普通の車で行くのは可能です。腹をすりそうだ、スタックしそうだという場面になったら即逃げることが絶対条件ですが・・・。

雪が降った後は、主要幹線道路でのみ行動するならば可能です。

とんでもない地域に鹿が出没しているのも事実ですから、獲れないと言う事はないでしょう。

《狩猟ガイドさん》
英語で言うところのアウトフィッターです。賃金を得るのと引き換えに、脚(車両)とガイドをしてくれます。
今回はそこそこの土地勘のあるエリアを回ることと、獲れても獲れなくても恨みっこナシ!という気持でおりましたのでガイドは頼みませんでした。
 
なお、絶対に成果を挙げないと故郷に戻れない!という悲壮な覚悟を御持ちの方でしたら、お願いしたほうがよいと思います。


北海道内での移動にかかる時間は?取り締まりは?

メールで質問をいただきました。
何度か行って、同じようなルートを走ると大体を覚えているのですが、そうでない人にはわかり難いですよね。

北海道の地図を広げる

ご自身の居住エリアの地図を思い浮かべる または基点ごとの区間距離を見て・・・。

・・・・・広さに気づく。 

ということも多々あると思います。

そして、わたくしの北海道内行動記録の各頁末あたりに載っている私の走行記録をスーッとなぞって

『こいつ絶対に速度違反の常習者だ!通報したろ!』  と思われた人も多いかも?

すみません。制限速度+10km程度です。いや!本当ですって!!

北海道は信号が少ないです(都市部除く)。信号で停まっている時間がないと、結構スムーズに距離を稼げるんです。

本州などでは、時速50kmで走っても一時間に実際に走行できるのは30km程度でしょう?でも、高速道路では80km/hで走れば80kを一時間で走りますよね?

何が違うか。

高速道路と一般路の差。 当たり前ですがコレです。高速道路になくて、一般路にあるものは? 信号機です。

それでも納得できん!信じられない!という人は 『北海道たび教導隊』 で試してみてください。少し控えめ(安全のために)な数値ですけど弾き出してくれます。

北海道の速度規制のルール?を書きましょう。

北海道の一番の特徴は、人が住むエリアはでしかない ということです。 本州みたいにどこに行っても人家があるわけじゃありません。

点と点を結ぶのが道 その間は原野 です。点と線 小説の題名ですね。

町中(点)は制限速度40k等。時として30kという事もあります。ついでに追い越し禁止です。

町から出ると制限速度解除 の交通標識があり、その後は次の町につくまでは制限速度の表示がありません。カーブ気味の道では追い越し禁止です。

つまり、普通車の一般道での最大速度60kが適用となります。 原付一種はどこまでいっても30km/hですけど・・・。

でも、ソレを守っている人は少ないんですね。+αのスピードです。これは自己責任。

そして、その自己責任スピードで走っていたドライバーは、街中に入るとしっかり速度制限を遵守します。メリハリ!ジキルとハイドのほうが正しいような気がする・・・・。

本州のわれわれは、どうにも速度違反で一定で走ってしまう悪い癖がついていますからお気をつけください。

私が上記で書いた 制限速度+10k程度というのは制限速度解除の場所です。街中はピチッと速度を制限内に収めます。

だって、取り締まられたら気分台無しですからね。

なお、取締りは町に入るとき・町から出るときにネズミ捕りをやっていることが多いです

最近はパトカーに搭載された車載レーダーシステムもありますから、露地に隠れていてレーダーの測的波を浴びて食われることもあるようです。

夏の観光シーズンでは、ヘリコプターから追い越し禁止を見張っていて、地上部隊と連携して取り締まることもありますよ・・・。

道警おそるべし。

え?最新式レーダー探知機で、カーロケ波警報出してくれるから安心だ?(カーロケ:カーロケータ パトカーの位置を本部が把握するためにビーコン波を出している代物です)

甘いです。カーロケ発信機を本部の許可を得てスイッチオフしているパトカーも多いですよ。

白バイはルームミラー見てりゃわかるでしょ。(20年ほど前に一度喰われた私が言っても意味はないかな ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ )

覆面パトカーは? 
昔はリアウィンドウから中を覗いて、屋根の内張りに変な影があったら警戒すりゃよかったんですが(昼間限定ですけどね)、最近は真っ黒なフィルムを張っている覆面車も出ています(車内にある電光掲示板を察知されないための様子)。

どうしましょう。追い越しかけるときに中をチラッと覗いて、制服着ているのがドライバー席に居たら早めに車線に戻って安全運転ですね。そのくらいしかないですよ。

北海道では、大都市部・観光地以外では車が列を成すことは余りありません。

でも、たまに大名行列しているときがあります。気をつけましょう。覆面を見破った車達が我慢大会していることもあります。 ま、大体が観光客のレンタカーがチンタラチンタラ走っている状態ですが・・・。
あなたがレンタカーのドライバーで、そういう状態になったときはどうしましょう?あなたは今露払いの切り込み部隊です。レーダーがその先にあったら喰われるでしょ。そしてそれよりもなによりも・・・・背後から押し寄せるイライラ&殺気! あなたがニュータイプでなくても√ピキーーーーーーーィン!と感じることができますって。

簡単です。 路肩に寄せてフラッシャを左に出しましょう。ズバビョーン!と後続車が抜かしてくれます。

後続車が全部行っちゃったら、フル加速して最後尾に喰らいつきましょう。 ええ、慣れている地元の方に先導してもらうのです。地元の方々の知恵を拝借です。
そこでまた、チンタラ走りをくりかえすと・・・また貴方の背後には殺気が漂うこととなります。。。

写真撮りたいときは、すぐに道を譲って またのんびり走ってください。 カーブの手前で譲ったりはしないように・・・・。

《国道などの夜間走行》
これについても書いときなさい、とアドバイスをいただきましたので。

ヘッドライトをつけて走行です       うむ、正論だ。

で、ヘッドライトですが 点と線の多くでハイビームをつかいませう。

理由は
・対向車が居ないことが多い そして 先行車も居ないことが多い 
・居住エリアであってもあまり街灯がない そして 暗くなったら皆出歩かないで屋根の下に篭っている
・いろいろふらふらと飛び出してくることもある(四足だったり二本足だったり)
・まっすぐな道ばかりと思っていると・・・・カーブもあるしT型路もありますよ 変化のない道だとボーッとしてしまうことも多いので要注意です。

というわけで、この先の情報収集のために早めに確認できたほうがよい のと 飛び出してくるものを早期発見するため(二本足に警告する目的もあり) にハイビームを使ってください。当然対向車が来たときは早々にローに戻しましょう。

ちなみに、ボーッとしてしまわないためには目をともかく動かしてください。目線を固定してしまうと ボーッ です。

そして、北海道国道夜間名物! 物流トラック大暴走!! キャノンボール!

凄いですよー。 曲がりくねった道でもフルアクセルですっ飛んでいきます。イニシャルD? あまい・・・・ エヤトンセナの亡霊が乗り移ったのかと思うばかりの激走です。腕に覚えがあり、搭乗している車体に能力があるなら向こうを張ってがんばってください。

私ですか? (ΦωΦ)ふふふ・・・・

そそ。時たま警報機があります。
オービスもどきですね。違法速度でそこを通過するとパトライトとともに 『ピャピャピャッ!』とサイレン??が鳴るの・・・・鳴るらしいです。
まあ、お呼び出しが来たという話は聞いたことがありませんが。

知っている限りでは、日勝峠路線が最も熱いな。凍結しててもドリフトってくもん。ありゃすごい。 

四足が出てきたら?

ハンドルで逃げるか? 蹂躙するか??

そのどっちかです。ご選択ください。






いや、ふざけているわけじゃないんですよ。どっちかしかないです。

距離があるならブレーキドカーンとかけることもできます。その後はハンドルでよけてください。

距離がない時は小さな獲物だったら蹂躙するしかないですよ。 変にハンドルを切ってよけた場合、すぐにハンドルを戻しつつフルスロットル踏まないと横転します。
片輪浮くくらいに切っちまったら、アーメンです。

ただ、相手がエゾ鹿だったら・・・・でかいですからね。車は全損確実と思ってください。車両保険を一般加入しておくことをお勧めします。ええ。これは諦めです。
乗用車のようにボンネットが低い車だと、跳ね上げられた蝦夷しかがフロントガラスぶち割って中に飛び込むこともよくあるそうで・・・・。圧死の可能性ありますよ、運転席と助手席。

そういう危険な状態にならないためにも、ハイビームで少しでも遠くの状況を掴んでください。路肩で目が光ったら減速です。

まあ、蝦夷しかはネコなみに ウマシカ ですからね・・・・ネコに失礼か・・ネコよりも バカ!ですから!路肩でこっちを見ていても直前でピョンと出てきますからお気をつけください。

それと。

蝦夷しかは団体行動が大好きです。一匹見たら沢山後ろに居ると思ってください。ゾロゾロ出てきたり、時間差で出てきたりします。


そして北海道のお約束。
事故だ!助けて!・・・・・携帯がつながらない可能性

後続車・対向車にヘルプを!・・・・・・・ しばらく通らない可能性が 超大

お気をつけくださいませ。危機意識の高い人は衛星携帯電話をご用意ください。レンタルもあるようですね。空が見えてりゃ繋がるぞ!っと。

2.本州内移動・フェリー移動 <クリックしてください