銃所持への第一歩

猟銃等を所持されるにあたり、最初に受けねばならない「猟銃及び空気銃の取り扱いに関する講習会」について

静岡県での開催を基準として公開いたしますが、他都道府県の方にも参考になれば幸いです。


内容は 公告内容  それについての補足説明 となっております。


《公告内容》

公告者:静岡県公安委員会委員長 (委員長氏名省略)

公告日 平成21年11月27日

1.講習会受講対象者: 初めて猟銃又は空気銃の所持許可を受けようとする者

2.講習会開催日時、場所及び受付期間

開催日時 開催場所 受付期間
平成22年2月24日 (水曜日)
午前10時から午後5時まで
静岡県警察本部
10階会議室
(県庁別館内)
平成22年1月22日(金)から
平成22年2月9日(火) まで

3.講習内容
 次の事項につき講習を行う。
(1)猟銃及び空気銃の所持に関する法令
(2)猟銃及び空気銃の使用、保管等の取り扱い
 なお、この講習終了後に終了考査を実施し、合格者に終了証明書を交付する。

4.受講手数料
 手数料6,800円(公告日現在)を静岡県収入証紙により受講申込書提出の際、納付すること。

5.申し込み方法
 受講者は、最寄の警察署に備え付けてある受講申込書2通に所要事項を記入し、写真(申請前6か月以内に撮影した正面、上三分身、無帽、無背景のライカ判)を各一枚はり付け、住所地を管轄する警察署に受付期間内(土曜日、日曜日及び祝日を除く。)に申し込むこと。

6.受講時に持参する物
(1)筆記用具(鉛筆・消しゴム)
(2)申し込み時に受領した猟銃等取り扱い読本

7.開催場所所在地
 静岡県静岡市葵区追手長44-1 静岡県産業経済会館 三階第一会議室

8.その他
(1)猟銃又は空気銃の所持許可申請には、当該講習の終了証明書を必要とする。
(2)講習会場には駐車場がないため、公共の交通機関を利用すること。
(3)開催日の午前9時40分に県庁別館1階ロビーで受付を行うので、受講者は集合すること。
(4)定員(45名)になり次第受講受付を終了する。

SEFA補足
8−(2)について
近所の有料駐車場などの情報がありません。
県庁には駐車場ありません。そして、近くの駐車場使うと結構高額です。

県庁の隣にある文化ホールの地下駐車場、安くていいですよ。県庁まで早足で歩いて15分です。


《補足説明》

1.講習会受講対象者について
 初めて猟銃・空気銃の所持許可を受けようとする者、とあります。ただし、法律で認められる所持に伴う使用を目的とする人でなくてはなりません。法律で認められた所持目的は、狩猟(職業で行うものを含め)、標的射撃、有害鳥獣駆除の三つです(そのほかの用途もありますが、一般的でないのでここでは省きます)。コレクションしたいから、または護身用として所持したいという希望は認められません=許可が絶対下りません。なんとなく持ってみたい・撃ってみたいというだけでは受付されません。なので、講習会受講を希望されるときには、わたしは何をやりたい!という意思を固めて行動してください。
 射撃をやってみたいという方でしたらば、お近くの射撃場で見学されることをお勧めします(射撃場管理者の許可を受ければ見学できます)。狩猟をやってみたいという方は、お知り合い(または猟友会)のご紹介を得て、同行されることをお勧めします。

簡易図であらわしますと、下記のようになりますか。フルスクリーンでご覧ください。ヘタなチャートで申し訳ないです。

A氏:銃を所持したい!⇒その理由は?
                    |−−−→@何からはじめたらいいかわからない⇒射撃場の見学、猟への同行をしてよく考えてください。
                    |      目的が具体化したら →Aへ
                    |                      ↓
                    L____ A標的射撃・狩猟等、目的が明確に定まっている。
                                          |
                                          |
                                          ↓
                                 その目的に適合した銃の選定>>ネット環境を有効利用してください
                                          |
                                          |――→狩猟用の場合:どのタイプの銃が自分の目的に適しているか?
                                           |
                                           |――→射撃用の場合:射撃内容に応じた銃の選定                                         
                                          ↓ 
                                       銃種の選定完了<<この時点で販売店の情報なども収集できている筈です
                                          ↓
                                       所轄署に講習会受講申し込みに行きましょう

【なぜ、銃の選定まですませるのか?】
 警察署の担当者は、講習会申し込みに来た人をよく観察しています。法的欠格事項に該当する場合は自動的にそのフィルターに(必ず)ひっかかりますが、銃を持ちたいという動機だけは申告者本人から聞かない限り判りません。そのため、聞き取り調査(?)で情報を集めます。自分が何をしたいからこの銃を考えている、という確たる意思を見せたほうが話が早くなります。この時点で、どこそこメーカーの○◎モデルがほしい、といったからといって必ずそれを所持しなくてはならないということは有りませんからご心配いりません。


2.講習会申し込みにあたり
必要なものは、料金となる証紙購入分の現金と、認印(シャチハタ以外)です。

でも、服装・身だしなみにも注意を払ってください。銃を所持させてもいい人かどうか、の審査はここから始まっていると思ってください。就職時の面接、銀行融資を受けるときと同じだと思ってください。そういうときにボサボサの頭でバミューダはいて、垢じみたTシャツにビーチサンダルで行く人は普通いません。(そんな格好だから落したと明言はしないでしょうが・・・)サラリーマンならネクタイをしっかり締めて靴も磨いておきましょう。(まあ、所持許可を貰った後も何かと警察には顔を出します。その時には普段の服装(例 作業服)でいくこともあるかとおもいますが、それはそれでいいと思いますよ)社会人として相手に不快感を与えない、という一言で済むかと思います。

講習会受付の書類を貰うまでが一つの関門と思ってください。いろいろ聞かれると思います。はきはきと相手の目を見ながら話してください。言葉遣いは、相手がたとえ公務員=公僕だからといってへりくだる必要もありませんが、社会人としての常識で話しをされればよろしいかと思います。
 受講希望者の性格を見るために、挑発的言動をとる人もいます。その言葉を聞いて頭に血が上る人もいますが・・・ お解りですね。 まともな社会人であれば、カッカとしてはいけません。理路整然と自分の願いを相手に伝えましょう。

銃の許可を与えることは、公安委員会の義務では有りません。公安委員会は、問題のない人に許可を出すことができる、ということをよくご理解ください。 問題があるかどうかを判断する仕事をしています。 許可を出すことになるのは【銃器】です。当然厳しいことを言うでしょう。 揚げ足取っちゃ駄目ですよ。相手も人間ですから・・・・。何か言われても『ああ、しっかり仕事をしているなあ、えらいなあ。ご苦労さんですね〜』と思ってあげてください。

大体において、担当者の印象ですけども・・・・許可が出た後には変わるものです。

《自分には犯歴があるんだけどどうだろう・・・という方へ》
 犯罪にもいろいろあります。万引きからはじまって、強盗強姦殺人等など。 判断は警察が下します。罪を償い、その後真人間として地道に社会生活を営んでいる方でしたら、正直にそれを話す覚悟で所轄署の生活安全課に行って相談をしてください


講習会受講申し込みが完了しました。
猟銃等取扱読本というテキストと、所轄によっては受講場所と時間などを記した書類をくれます。受講者受付票を出すところもあるようです。亡失しないようにしてください。

猟銃等取扱読本は、しっかり勉強してください。流し読みしただけですとまず落ちます。法規もしっかり覚えてください。弾丸の到達距離もしっかり覚えましょう。


3.講習会受講当日
注意点は
1.絶対に遅刻をしないこと。
2.服装にも注意をして(上記参照)。
3.講師は、受講中の態度も見ています。居眠り・余所見・携帯メール打ちまくり等は減点されますよ。真剣に聞きましょう。そのためにも前日はしっかり休養とってください。やむを得ず一夜漬けされた人は、スタミナドリンク飽和状態でお出かけください。寝たら落ちます。
以上の三点は、社会人としての心得です。ルールを守れない人に銃器を所持させるほど警察は甘くありません。

4.講師が話すことは重点のみです。結構分厚いテキストですから、まともに全部やったら二日は必要でしょう。その中から講師が重要項目を選択して講義をしていきます。講義終了後の考査に出る問題がかなり含まれることを理解してしっかり聞きましょう。

5.考査に関して
 @運転免許と同様の引っ掛けが多いので、しっかり問題を三回くらい読んで、要点に鉛筆で線を引くなどして念を入れて回答してください。最後まで問題を読まないと、罠に落ちます。
 A回答に自信がない問題などは後回しにしましょう。一つにこだわると時間がなくなります。
 B回答用紙と問題用紙が別のところが多いようです。記入ミスには十分気をつけてください。
 C時間内に終わったからといってトットと席を立つ人もいます。私としては、余った時間で回答を再チェックされることをお勧めします。
☆講習会は平日に一日かけて行われます。多くの人が有給休暇を使うなどして受講されます。貴重な機会ですから悔いの無いようがんばってください。

(補足)
 お昼休みなどに、「俺は受講何回目だ。これとこれが出題されるぞ!」等という会話があるかもしれません。惑わされないようにしてください。問題がわかっていて落ちているということは・・・・・?? あえて書きます。一度で合格することは困難ではありません。もし、そういう方がこれを読まれていたら、よく振り返ってみてください。
雑談するヒマが有ったら、テキストを何度も読み返しましょう。 講習時に講師が触れた点にはアンダーラインを引くなどしましょう。きれいなままテキストを保存することが美徳ではありません。合格するためにご本人がわかる範囲で書き込みすることがテキストの本来の役目です。

受験されるのでしたら、100点満点目指しましょう!考査の結果は、所轄署にも連絡が行く様子ですよ。


考査の結果、合格された人は次のステップに進みます。おめでとうございます。講習終了証明書は大事に保管してください

不合格となった人は、「試験問題が悪い」「講師が何を言ってるかわからない」などと相手のせいにするのではなく、真摯に自分の行動をいろいろ振り返ってやり直してください。このワンチャンスしか与えられたわけではありません。再受講できますからね。幸運を祈ります。 でも、貴重な時間とお金を費やすわけですから、この次こそは!と猛勉強されてください。

あと、テキストは捨てないでくださいね。銃を所持された後もいろいろ役に立つことがありますから。