SEFA-JAPANの御案内                                                      

   銃砲店は、高額な商品(銃器とその付属品)を取り扱います。既存のお店では固定のお客様が財産です。しかし、新規の販売店である当社には既納客はおりません。これからお客様の御信頼をいただいて既納客となっていただかねばなりません。その為すべきことはなにか?お客様が安心して『この店を使ってみよう!』と思っていただけるようになることです

このHPをご覧になったお客様がどういう感想を持たれたか?それは、『この店はどんな会社なのだろう?』ということに尽きるのではないかと思います。商品の写真だけではこれはわからないです。当社とその責任者を知っていただくことが必要と思い、このページを作成いたしました。 


     有限会社 SEFA-JAPAN 店舗の御案内

写真 そのうちアップ予定
現在混乱のきわみ

   会社名: 有限会社 SEFA-JAPAN
   
   所在地: 静岡県三島市谷田東富士見1159-7 BF
   〒番号: 411-0801
   番号: 055−981-6287
   fax   : 055-957-9987
   携帯пF 090-3424−1622
   e-mail : fwii0805@nifty.com
   責任者: 取締役 小澤 哲夫
   
   営業時間:09:00〜19時

  《認可等》
   銃砲販売許可番号:静岡県 防消防 第153−1号
   銃砲製造許可番号:静岡県 防消防 第152−1号
   古物商許可番号:  第491070454900号静岡県公安委員会

  《営業内容》 
   銃砲製造販売及び買取 その他
                                                             


     小澤 哲夫より お客様へ御挨拶を申しあげます

                                                           

 はじめまして。SEFA-JAPANの小澤 哲夫 ともうします。若輩者ですがよろしくお願いいたします。
私のプロフィールを。
昭和37年静岡県は御殿場に生まれました。両親が娯楽もないし金もないから私を野山で 今で言うアウトドア好きでしたので、子供の頃から自然に親しんでまいりました。また、父親が子供の頃から空気銃に始まり(昔は玩具ですから)、学生になってからは日本が誇る38年式歩兵銃を担いで教練(結構サボっていたために指導教官から目をつけられ号令役やらされて逃げられなくなったという逸話は別の機会に)
を受けた、戦後暫くは(当時の鉄砲は、かなり余裕がないと出来ない趣味だったようです。クレーに二発発射してラーメン一杯分とか)生活に追われ、銃から遠ざかっていたのですが、それでも私に与えるおもちゃは鉄砲のオモチャでした。今でも覚えておりますが、最初に記憶にあるオモチャがウィンチェスターのレバー式。拳銃のオモチャは『人を撃つ道具だから』とあまりいい顔しない父でしたが、ライフル型のおもちゃは無条件にオッケイでした。思えば、父親から銃の扱いの基礎を学んだんですね。
そんな父が、私が小学校の時に散弾銃の所持許可を取りクレー射撃に狩猟にと私を連れまわしてくれました。思春期の男の子の割には、そのお陰で?いい子だったというと・・・父に思い切り尻を蹴飛ばされそうですが。上下二連の銃を初めて見たときは『??上下に銃身ついてるの?』そんな感想が正直な所でしたね・・・・。さて、練習した父が射撃場に連れて行ってくれたのは少し経ってからでした。38式実弾射撃学年1位!といっていた手前、みっともない所見せられなかったのでしょう。連れて行ってもらった射撃場ではまりました。元々が好きでしたしね。こうなるともう止まりません。自分が銃を所持する時のことを夢見て勉強に(銃の!)精を出す毎日となりました。でも、勉強しようにも手に入る資料は狩猟界にGUN誌だけ・・・偏った知識ですね
 実銃の所持は遅れに遅れて昭和63年でした。学生の身分で高額な趣味に走るわけにもいかなかったのです。(といいますか、通学のアシとして手に入れたバイクに魅せられて気がそれておりましたか) それでも、就職して何とか念願の銃を手にしたのはねちっこ性格の現れでしょうか。 お約束で上下二連を中古で買い込み、クレー射撃にのめりこみます。やはり射撃と狩猟の世界が合っていたのでしょうか、多趣味で鳴らした学生時代の面影は何処へやら。 それ以後熱中して今に到りました。凝り性のB型というのもあるのでしょうか、17年勤めたホンダ系ディーラーをこの不景気の真っ最中に円満退職して起業することとなりました。応援してくれた家族と友人諸氏に最大限の感謝を・・・・(o*。_。)

 さて、銃砲店経営に経験があるわけが無く、有るのは営業経験で得た哲学だけで他の資産は一切ありません お客様とのふれあいを大事にして信頼を受けることを最大目標として仕事を進める所存です。
                 利益よりもお客様の信頼第一!利益はそれが得られれば勝手に出る!(筈)

皆様、よろしくお願いいたします。
 

     営業時間・来店方法などのお知らせ