http://www.sefa-japan.com/

2009年北海道猟行 雑記

2009年10月25日からの北海道猟行を雑記の形式で記載します。

前回の2007年版で、北海道の景色を紹介したから~というわけではないのですが、今回写真を殆どとりませんでした。文章のみとなりますがご容赦ください。

【行程概略】
1.北海道まで
 静岡の自宅を、土曜日深夜にのんびりと出ました。ETC割引狙いです。

 東名高速沼津インター → 用賀インターで降りて環状8号線北上 → 練馬インターより関越高速道へ → 新潟へ。

 燃料補給の必要もなく、雨の高速を淡々と走って・・・。途中、余りの退屈さに眠気を催し40分ほど仮眠しました。のんびり走って0600時ころには新潟市内に到着。フェリーターミナル(以下 FT)まで30分程度で到着です。

2.フェリー船内
 私が選んだ日本海フェリーの場合、新潟を1030時出航し、目的地小樽へは翌日0430時到着です。風呂に入って、寝て、風呂に入って食事して、寝る で到着です。

3.北海道内移動・行動
 小樽に朝到着し、石狩市のハンティングネット社にて弾薬の支給を受けた後は、道東エリア(大雑把に説明しますと、大雪山系の東側)までひたすら移動です。
①旭川を経由して北見等へ抜ける。北方ルート。
②夕張を経由して帯広に抜ける。南方ルート。 
が考えられますが、私の場合、日高から(十勝の)清水町へ移転した「古母里(こぼり)」で食事を取りたかったので②のルートを選択しました。途中、ついでに映画「幸福の黄色いハンカチ」のロケセットを見に寄ったりも致しました。

26日上陸当日は、阿寒湖畔で宿泊です。

 北海道での活動エリア
 厚岸エリア・奥春別林道付近(阿寒湖と弟子屈の間)・雄別エリア・糠平湖北方エリアを今回調査しました。

4.帰還
 3日火曜日が祝日でしたので、ETC割引狙いで3日に帰着する事としました。
 小樽発新潟航路=月曜日(2日)発がありません。
 ふと気づいて、東苫小牧港(苫小牧東?)発を調べると、月曜日の便もありました。秋田に寄航するので、船内拘束時間が長くなる欠点はあります。まあ、寝ているだけだとこの便を選択しました。2030時?出航、1530時?新潟港到着です。

今回のフェリー選択理由
 今回も愛犬(以下 ぷっちょ)とともに行く事になりました。前回は八戸-苫小牧ルートの川崎汽船でした。
犬とともに一等・特等船室にいることができるのが川崎汽船のメリットです。
デメリットは「遠隔地過ぎる」ことでした。若いときならまだしも、五十路のカウントダウンが始まっている私には苦行です。また、フェリー料金を考えると一番近い大洗港からの太平洋フェリーと比較してもほぼ同額。メリットがありません。(高速料金は別としても、燃料費そして事故の可能性を考えて見ると・・・)
 大洗-苫小牧ルートに大きく心が傾いたのですが、到着時間で引っかかりました。1630着なんですね。もう夜の時間です。
 
 新潟-小樽ルートは、朝の出航、早朝の上陸。時間を余り浪費したくない私には、この到着時刻は魅力です。
 また、ペットもペットルームに「収監」されますが、散歩は駄目でも水遣り餌やりは可能とのこと。

 犬にはいい迷惑でしょうけれども。

 また、日本海フェリーは「夏のフルシーズン」でなければ、一等船室を借り切っても不足人数分の料金(の一部)を負担しなくて良いと言うありがたいシステムがありました。
 私は、他人のイビキには我慢ができません(自分のイビキは自分には聞こえないから知りません)。
一見すると広く見える二等船室のフリースペースも、時間が経つと混乱の巷、ジジババの宴会騒ぎに悩まされます。
人の乱痴気騒ぎには、耐えるすべを持っておりません。酒の入ったジジババに道理が通るわけもございませんので、注意しても無駄でしょう。下手をすれば乱闘騒ぎになったと申し立てられ、私の銃砲所持資格は剥奪されます。

 触らぬ疫病神に祟り無し。

というわけで、二等との差額をドライバーは払えば済むことですので一等船室を借り上げることといたしました。

片道25000円ほど。ぷっちょは「手荷物」扱です。バイクと同じです。

日本海フェリーの一等船室
ベット:ちょっと狭いかな?というサイズが2つ。(当然、一つしか使いません)
洗面台:あり。歯ブラシとフェイスタオルが2セット。固形石鹸。
エアコン:温度調整可能。でも、熱くても冷房に切り替えることはできません。
テレビ:液晶があります。
トイレ:ありません。
冷蔵庫:ありません。
クローゼット:幅30センチ程のがあります。ハンガー付。その上部はライフベスト収納。
コンセント:洗面器横の電気ポット用と、ベットテーブルに各1個。
浴衣:あり。ただし。それを着てのレストラン・グリルへの出入りは禁止(ジジババには聞こえないらしい)。

船内設備
レストラン:バイキング形式1800円。アルコールは別途清算。時間営業なのでお気をつけください。ここだけ分煙式。
グリル:軽食とアルコールを含むドリンク。こちらも時間営業。
売店:土産、パン・スナック菓子、飲料、雑誌など販売。こちらも時間営業。
自動販売機:缶コーヒーからビール・発泡酒まであります。値段は市価より10円~20円高い。
風呂:かなり広め。利用時間にご注意。シャワーは勢い良く出ます。
喫煙所:数箇所あり。飲み物などの持ち込み禁止。

※煙草が吸えるエリアは、喫煙所と利用時間内のレストランだけです。他は一切禁止。
(特等・スイートは各部屋専用デッキがあるようですが、其処で吸っても煙はよそに流れます。マナーは守りませう。)


食事の質
 個人差がありますから、味についての言及は難しいところです。私個人としては、不味いと思った料理はありませんでした。生ビールは500円。個人的には、炊き込みご飯があったのが目を引きました。お子さん用でしょうか、棒アイスが山になっていましたよ。
くどいようですが、オープン時間が決まっています。食いはぐれたら・・・売店が開いていたらパンを食べるしかなくなります。くれぐれもお気をつけください(私は帰りの便で昼飯食い損ねました)。

ペットルーム
 ドライバーズエリア(貨物トラックの運転手さんエリア)近くに設置された部屋です。
アルミニュームで作られた檻が10基程あります。そこにペット(ネコと犬)は収納され、南京錠がかけられます。世話をするときはフロントで鍵を借りて行います。下船のちょっと前に、南京錠は外されます。
空調あり(夏は不明ですが、他のフロアと同じ気温の風は流れています)。新聞紙とオシッコシートはご自由に。水道は付属。

その他
 船内探検も余りしませんでしたので案内板で見ただけのものもありますが。
洗濯室:洗剤も販売。乾燥機あり。
ジャグジー:冬でもやっているのか?夏は隣接したトレーニングルームで汗を流したあとによいか?
プール:夏はどうぞ。
フォアードルーム:船の進行方向が見渡せるクローズドデッキ(屋根のついたデッキ)です。私が散歩に言ったときは遮光板で窓が塞がれていましたので外は見えませんでした(13時過ぎ)。


というわけで、夏の観光シーズン家族連れにも良いのかもしれませんね。車無しでも乗れますし(帰りは飛行機?)。

以上でフェリーの説明を終わります。


【私の装備】
1.車両
 トヨタ ハイラックスサーフ130型 3リットルディーゼルターボ<前回と同じ車両です
 今回の改良点 
  ①フロントバグディフレクタ
    11月初旬の北海道は寒いのですが、羽虫はそれでもいます。フロントウィンドウにそれがぶつかると目障りなので装着。
    降雨にも少し効果があります。レインエックスの意味は余り無くなりますが・・・・。
  ②ヒッチメンバー装着及びオプションのリアカーゴトレイ
    サーフ車内に鹿を押し込むと「くさい」ので、獲物を乗っける籠を車両後部に装着。これは着脱可能です。耐加重250K。
  ③スノコ
    肉が蒸れないようにするには、外気温度が低ければ外気に晒せば良い、と考えてルーフキャリアにヒノキのスノコを取り付けました。

2.猟装備 
 銃:ウィンチェスターM70 口径300ウィンチェスターマグナム ちょいちょいと改造。
 ナイフ:ランダルのシースナイフ、アルマーのフォールディングナイフ、あとは鉈。 
 弾薬:20発を二つの弾薬ケースに入れてベルトに固定。
 無線:なし。資格もっていないから。とるのも面倒。
   以下、ザックの中に収めて携行したもの。
 スコップ:折りたたみ式。残滓埋め兼雉うち始末用。
 携帯水筒:約一リットル。粉末のゲータレード1袋。
 簡易救急セット:包帯・ガーゼ・止血消毒薬。軟膏。目薬。痛み止め。縫合セット。
 緊急用寝袋:折りたたんだ状態でA4紙を半分に負った程度の大きさ。厚みは煙草の箱程度。
 パラコード:50メートル。
 アルコール固形燃料とシェラカップ。簡易折りたたみコンロ。
 予備のメガネ。
 解体用のゴム手袋およびゲームバック(お肉を入れるメリヤス編みの木綿の袋)
  以上、ザックの中に入れてあるもの。
 ブーツ:ロッキー社製耐寒ハンティングブーツ。ゴアテックスを用いたもの。渡河中のスタックの際も、水が入ってこなくて吃驚。
 肌着:アンダーにコロンビア社の保温下着を上下着用。ピッチピチなので着るのに苦労するけれども、着たあとはフィット感よし。
 パンツ:表面は綿、中にウールの裏打ちされたやつ。メーカー不詳。取り寄せ品。
 手袋:セームの薄いタイプをもっぱら利用。
 上:ウールのシャツとウールのセーター。その上からハンティング用のハーフコート。

 車内に置いておくお肉処理用品。
 ゲームバックの予備。
 お肉の余計な血をすわせるための 1.キッチンペーパー 2.ペットシート(オシッコシート)中と大各1袋。
 ダンボール
 ペットシートの吸収率に期待して、ビニール類は今回なし。
 トロフィークラスが取れたらどうしよう♪と皮処理用の塩5KG。

 番外:ビブとかいうオーバーオール状のウェーダーみたいなのを仕入れて使ってみようと思ったのですが。
素材がナイロンのため、防水は完璧ですが草木に摺れた音が大きくてだめでした。水鳥猟にはつかえますかね。あとは、雨が降っているときに流し猟で鹿をしとめ、雨中で回収・解体などをする場合ですか。

番外その2:釣竿と仕掛け。
 猟に飽きたらオショロコマでも釣って塩焼きにして一杯♪ と夢見て。渓流竿とヤマベ仕掛けなど持参。
時間が無くてやりませんでした。

3.車中宿泊の装備。
 冬用シュラフ:零下15度とかいうやつを二つ。一つは掛け毛布のかわりにと。
 下に敷くマット:バルブを開くと勝手に空気を吸って膨らむマットと普通の毛布を各1枚。
 ガスストーブとガスランタン:各1機。ガスボンベは共通のものなので、予備ボンベは1つ。
 ヘッドライト:LED型のを一つ。
 水:30リットルほどをペットボトル2リットル入りおよび500CC入りで持参。
 酒:軽費節約で発泡酒を1ケース。(緊急時の気付けの名目でウィスキー1瓶も。コレは消費せず)
 疲れたときに甘いもの:チョコレートと飴。
 食事が面倒なときにと:赤飯のパック
 食事が面倒なときにと:チーズのパックとチューブ入りバター。
 食事の後始末にもつかえるなと:水洗に流せるティッシュペーパー <コレは重宝しました

 車内での過ごし方(小澤の場合)
 後部座席を折りたたんでスペースを確保しています。サンルーフ付車両なので、足を投げ出して座るならば大丈夫ですが
正座して座ることは無理な高さとなっています。テールゲート側のほうが若干高いですね。

 ラゲッジスペースの右側半分(運転席側)が物を置くスペース、助手席側の半分が就寝スペースです。物置スペースには、ホームセンターに良く売っているRVボックスを一つ置いて、その中にこまごました物を押し込んでおります。食料などはクーラーボックスに密閉して、運転席側の後部座席においてあります(こちらは後部席を格納しない)。

 バックやリュックサックなどは、就寝時は邪魔ですので助手席に積み上げてしまいます。

銃は何処に置くか?
 運転席とその後ろ席のヘッドレストに乗せます。運転席側は横から見えることもありますので、猟コートを上に掛けてしまいます。コートの乾燥もできます。(ボルトは当然外しています)

保温について
 窓を完全に閉め切れば、ある程度は暖かいものです。人間と犬各1匹が熱を放出しますから。
 でも、締め切っていると内外の気温差によって、窓の内側が結露します。また、照明に私のようにガスランタンを(盛大には照らしませんけども)使う場合、その排出ガスでさらに結露します。ストーブでお湯を沸かしたり調理をするともっと盛大に結露します。
 このときは暖かい車内です。しかし、それでいい気になっていると「酸素欠乏」または「一酸化炭素中毒」を起こして志望する可能性もあります。
 ですので、思い切って窓を全て1センチくらいあけてしまいましょう。私の場合、サンルーフも、テールゲートウィンドウも開けます。
当然、外気が入ってきて寒くなります。が、結露はある程度抑えられます。また、酸欠の危険も減ります。
寒さを一番感じるのは背中~御尻、そして足です。その部位は寝袋で覆ってしまいます。上半身は少しの厚着で問題なくなるはずです。首元から熱が逃げる事もありますので、タオルでエリマキして見ると良いでしょう。

私は、就寝するときも窓はそのまま開けています。尿意で起床することはあっても、寒さで目が覚める事はありません。
ただ、ぷっちょが最初は寝袋の中で寝ていて、暑くなると(全身天然毛皮ですから)外に行き、放熱を完了して寒くなってくると私を起こして寝袋の中に入ってくる、そのときは目覚めます。まるで冷凍庫から戻ってきた奴が胸元に忍び込んで来たようなものですから。ぷっちょは満足げにため息を漏らして、その後イビキをかいて爆睡しているのが・・・・です。

091108-1729ここまで

 なお、就寝前までに 銃からボルトを外して 隠しましょう。隠し場所は各位御随意に。弾薬も同様です。


 寝る場所は?
 基本、車が止められる場所であればどこでも宿泊が可能となります。
 ただ、人間の基本生理現象「用便」が人によっては問題となります。『草むらがあれば何処でもトイレだぜ!』というワイルドな方は除外されます。そう言う人でも公衆道徳と衛生観念で判断行動してください。

『鹿がいたぞ!』と勇んで銃袋ごと銃と弾薬を引っつかんで降車し、順法精神で路肩草むらに飛び込んで銃袋投げ捨てて装填、膝をついて射撃姿勢をとった瞬間『グニョーー・・・』と右膝に感じる異物感&鼻腔を刺激する異臭   等という事になったら堪りません。
 小便はまだしも、大便はきっちり穴を掘って埋めてください。切にお願いします。 (私がその体験をしたわけではありませんよ)

 道の駅や、観光施設の公衆トイレがある場所は沢山あります。
 車の傾きが水平である場所を探すことが安眠-疲れが取れるという基本は押さえてください。コレは大事です。 車内が水平でないと、照明やストーブも安定しません。


【猟場への移動】
 車の中で宿泊は、目覚めて体も目覚めたら即行動を開始できるメリットがあります。それをさらに有効活用するために、猟場のご近所で寝袋に包まって惰眠を・・・えーと、超巨大なエゾ鹿を射獲する夢を見るわけです。

 北海道の夜明けは6時ちょっと過ぎ(私はGPSでも確認します)。前日に『ここに出る、きっと出る、奴は来る』とヤマカンを働かせた場所に、夜明け時刻には到着している事が大事です。

 なので、私のように『さむぃ・・・寝袋の中にいたい・・・ホットコーヒーつくろうかな・・・』等とグズグズしているのは邪道です。4時頃に起きて、目覚まし行動(用便・歯磨き・体操・ホットコーヒー&チーズサンド)を済ませる一方で、車窓についた結露ないし氷を除去しましょう。

 寒い朝は、車窓内側に結露した水がそのまま氷となってへばり付いています。スクレパーで削るのが早いです。

 目覚まし行動がおわり、車の準備も整いました。そうしたら、ブーツを履いて、弾薬・許可証などを身につけます。銃もケースから出し、ボアチェックをしてから(当然車内で)ボルトを装着します。銃袋のみの状態とします。

 目的地にむけて出発します。私は、スコープキャップ(バトラークリークの。フロントにのみ装着しています)をあけて、窓も少し開けて(暖房は足元からの送風)スコープレンズへの結露を防止します。これをしておかないと、暖かい車内から出てキャップを開放した瞬間曇ることがあります。
 銃は、助手席に銃口を向けて膝の上に置いておきます(銃口は助手席のクッションの上)。ぷっちょがその上にかぶさって寝ています。当然、装填はしておりません。

エゾ鹿猟場の近くの道には、夜明け前にねぐらに戻ろうとするエゾ鹿が道路横断したりしますので、気を張って運転してください。エゾ鹿は「頭が悪い」様子で、近づくまで路肩に立っていて、接近してから急に渉ってきたりします。アホです。まあ、鹿を見かけたら疑っていれば対応出来るでしょう。


【猟場での行動】
 はい。舗装路を過ぎて猟場に到着しました。 時間を確認しましょう。事前にラジオの時報などで車の時計をリセットして置く事は大事です。それをうっかり忘れたら、ナビの時間表示を参考にしましょう。ナビの時計は正確です。

目的地が林道だったら?
 林道入り口で待機しましょう。時間前に林道に突入する(通過ポイントはしょうがないですが)と、私のように「朝に弱い」鹿(大体が警戒心の薄いメス鹿ですけど)を蹴散らす結果となります。オーバーな表現ではありません。文字通り「蹴散らす」です。
エンジンは当然切ります。
 日の出時刻となったことを確認したら、銃袋のマジックテープを外して、ストックのパッド部分に掛かった袋を少しずらして(すぐにスムーズに外せるように)、弾薬パウチから一発乃至二発を抜き出して指に挟みます。ボルト位置を確認して、エンジン始動。ヘッドライトはつけないほうが良いです。鹿探しに出発です。

目的地が牧場なら?
 ある程度明るくなるまで林道域でエンジンを切って待ちましょう。明るくなってきて、日の出時刻が直近になったら、エンジン始動してヘッドライトはつけないで徐行しつつ牧草エリアを探します。銃と弾薬は林道行動と同様です。

 私は、弾は右手指に一発だけを挟んで保持しつつハンドルを操作します。残りはポケットに入れています。それ以上の弾は弾薬パウチに入った状態でベルト保持です。
 獲物を見たら、そのあとの時間で装填数が決まります。
 獲物との間に遮蔽物がなく、向こうもこちらに気づいた状態=一発だけ装填して撃ちます。
 獲物との間に遮蔽物があって、向こうは気づいていない状態=二発以上装填する時間があります。
 
 獲物がいつ出るか解らない、だから弾倉に装填しておけ!などという戯言は信じてはいけませんよ。
①そんな余裕のない状態だったら、周囲の状況に気を配れますか? 事故を起こすもとです。
②咄嗟に装填できないような習熟度なら、猟など行かずに射撃場で練習ですよ。
 獲物の事を考えながら、周囲の状況を再確認しつつ移動して、手探りで銃に装填し、こちらの姿を向こうに晒したときは射撃姿勢を自動的に確立していることが必要と思います。
③そして、その行為は立派な違法行為です。

射撃場での練習も大事です。
射撃場では、皆さんどのように練習されておられますか?
私は、依託射撃は殆どしません。その委託も、射撃台に自分の両手で保持した状態で撃つだけです。
あとは、立射・膝うちがもっぱらです。打つ際も、5発ワンクールを撃ったら、次は若干体勢を変化させて「ベストポジション」を外した状態で撃っています。いろいろ試して、またベストポジションに戻るわけですね。
 レストを使って撃つことも、狙点-着弾確認・修正では大事です。私は、これは最低限の調整、だけども気休めと思っています。
射撃姿勢で着弾点は変化するようですし(確証は無いんです。その程度の腕です)。
 なので、一発でも猟に近いシチュエーションで撃つ事だけを考えています。

※上記の文章は、ベンチレスターの諸氏に喧嘩を売っているわけではありません。ご了承ください。

【獲れたよ~♪】
 無事、射獲できたときは?
だーれも見ていないと思います(多分)。広い北海道、地元の方も本州からの方もおられると思いますが、みな分散してしまっています。恥ずかしい事はありません。喜びを素直に表しましょう。踊っても良いと思いますよ(個人的には)。

 私の場合、すぐに次弾を装填してスコープ越しに対象を見ています。ジタバタしているような場合、致命傷ではありませんから、じきにアドレナリンを蓄積して逃亡を図ります。ですから、ジタバタっていたら、トドメを撃ちます。横倒しで暴れてると、狙いは当然胴体のハートアンドラングドエリア(心肺区域)しかなくなるのが問題です。お肉が痛みますから。

 止まったら、近寄って検分です。申し分なく御臨終されたことを見届けたら、片手拝みして(スコープに捕らえたときから『ごめんよ。お肉頂戴。勘弁ね』と思っているんですけど)。弾を銃から抜きます。<コレ大事。

さて。ここからが問題です。
①車まで運び、別場所(解体ベース)で解体するか?
②ここで解体し、残滓を車に運ぶか?
③ここで解体し、残滓は回収不可と判断して埋めるか?

①の場合、車を持ってくるか、はたまた車まで引きずるかの問題も出てきます。牧場の牧草地の場合、普通は車の乗り入れは禁止です。牧草の根が駄目になるからですね。経営者さんの許可がある場合は、乗り入れもできます。
 私は、今回牧草地を回らなかったので、この問題は発生しませんでした。

 では、私なりの現地解体のやり方。
①まず、前足を両手で持って、エンヤコーラァと頭側(胸側)が下に向くように体の向きを替えます。

②放血しないとお肉が不味くなります。なので、首をグルッと大型ナイフで抉ります。長いナイフがないので、心臓抉りはできません。

③解体用のゴム手袋を装着します。足をぶら下げる場所をロープを使って確保します。

④後ろ足二本をナイフで軟骨を切って間接の部位で外します。ふとももの内側に、適当に刃を入れると腹腔の膜(腹膜)を傷つけてお肉を腸や膀胱の内容物で汚染してしまいます(臭くなります)ので注意します。はずしたら、とりあえずロープでひづめ付近を縛ってぶら下げ、重力利用で血を抜きます。膝の間接部位を深く切って、動脈を切るとさらに血抜きが良くできます。シャシャッと皮を剥いでしまいます。膝から上の部位だけですね。肉に毛がつかないよう(ぐるぐる回転してしまうのでつきやすいような)注意します。

⑤鹿をうつぶせにして、一度手袋を替えます。ゲームバックの準備をします。ナイフを小型のフォールディングに取り替えます。

⑥背骨の際からナイフを入れ、大雑把に皮をはぎます。暖かいうちに作業すると簡単に皮・脂肪と胴体を分離できます。

⑦しゃがんでいると腰が痛くなってきますので、外した後ろ足に戻って精肉します。外した肉はゲームバックに収納します。後ろ足が二本とも終わったら、ゲームバックを引き伸ばして(最初は丸めたストッキングのような状態です)一度結んでしまいます。結べば他の部位と肉が混在して何がなにやら解らぬ、と言うことはありません。ゲームバッグを踏んで均した熊笹の上において、胴体に戻ります。綺麗な笹が見当たらない、または笹の密度が低い場合もあります。このときは、腿をぶら下げていたロープでぶら下げます。

⑧背ロース二本を注意して無駄の出ないように切り取ります。背骨沿いに神経の束が見えたりします。これも汚れがつかないように注意してゲームバッグに収納し、結びます。

⑨後は、好きな部位の肉を確保です。ぷっちょ用の御褒美肉(背ロースの取りそこないとか)をこそげとって、外した皮の上に積み上げたりもします。

⑩ゲームバックを伸ばして(丸まった部分をもとに戻して)余裕のある状態としてから更に結び目をつくって、その結び目の上でカットします。精肉部門袋完成。これは、またロープでつるし/笹の上において、冷却を続けます。

⑪ぷっちょ用屑肉を、結び目をつくって袋状に戻したゲームバッグにいれて、コレも先と同様の作業をしてぶら下げておきます。

⑫後ろ足が無くなったエゾ鹿は、かなり体重が減少しています。ここで、後の処理を考える必要があります。
 ・現地で埋めて処理
 ・ゴミ処理場に持ち込んで処理を依頼 
ゴミ処理場の場合でしたら、内臓系はそのままにしてリアカーゴにのせるまで引っ張ったほうが楽です。内臓系をばらし始めると収拾がつかなくなる事が(私の場合)多いのです。
埋める場合は、何処に埋めるかを考える必要があります。石がおおく、その上を土が薄く覆っているだけの場所が多いので穴を掘るのに苦労したりします。スコップよりもつるはしのほうがやりやすいでしょうね。私は、最近がけ崩れをしたような場所や、がけの下を探します。その真下に土が多いので掘りやすいんです。
※牧場の牧草地に埋めることはとんでもないマナー違反です。

⑬内臓を取り出します。腹膜にちょっと切れ目を入れれば内圧で飛び出してきます。車で捨てに行く場合は、要らない部位はそのままあまったゲームバックにどんどん入れて行くと楽です。もっぱら腸が邪魔ですね。リバーを頂いたら、またゲームバックに入れてぶら下げます。残りで要らない内臓は、残りのゲームバッグに押し込みます。
※メリヤス編みの木綿袋ですから、ビニールに入れるよりも破れにくいです。匂いはダダモレですが・・・。(ゲームバッグにいれてからゴミ袋に入れればいいんです。それまで私の頭が回っていませんでした)

これでスプラッタな作業は終了です。ナイフについた脂をよくこそげおとし、水で洗っておきましょう。温水を作れば一番良いですね。鞘に戻す前に綺麗にしておく事が大事です。車が遠くにある場合、近くに持ってきます。大休止します。

精肉してゲームバッグで冷却している肉袋は、できるだけ外気に晒して冷却と血抜きをしてから、キッチンペーパーを大量に使ってくるくるとくるみます。それを更にペットシート(ペット用おしっこマット)で包んで肉汁漏れ対策をします。
※毛がついた/枯葉などがついた、というばあいは、この時に水で洗浄し、綺麗な部位のゲームバッグで包みなおします。
それをダンボールに収納して、屋根のスノコに固定します。

残滓を埋めるなら、スコップ片手に塹壕堀開始です。
残滓をゴミ処理場に任すなら、リアカーゴトレイをブルーシートで覆い、風でめくれたりしないようにします。

以上で、捕獲後の処理が終わりです。お疲れ様でした。銃・ナイフ等・その外忘れ物が無い事を確認します。私の場合、煙草の吸殻とライターを持った事を確認する作業が付帯します。
 開放したテールゲートで、作業が終わるのを待っていたぷっちょに御褒美の屑肉を与えて、もう一度確認してから出発です。
出発の際は、薬室・弾倉を確認するのは言うまでもありません。ちゃんと銃袋も装着です。

【ゲームバッグってなんなのよ??】
 獲物のお肉を入れる布袋です。靴下のように、伸縮する編み方が成されています。素材は多分木綿でしょう。
 その存在を知ったのが、大薮晴彦氏の小説でした。実際に手にするまでに20年近く掛かりましたが。
 肉が直に外気に触れない状態で冷却ができるのが特徴です。布も薄手ですから、袋の中に血汁が溜まる事もありません。
 作業時に、最初に複数の袋としておくことで衛生的と言えない野外でも、比較的簡単に肉への汚染を防げます(作業の途中途中で外側の袋を排除すればよいわけで)。
 川原で仕留めたときは、肉をコレ袋をロープで縛って、沢の水で冷やしながら別の鹿を解体して血抜きと冷却を済ませた場面も今回ありました。(二重袋として縛りましたので、虫などが侵入できない状態です) 結果、この肉が一番美味しかったと言う評価を頂きました。他の肉も、内臓抜きとしてから移動、後で精肉した従来のやり方よりも、臭みがない肉となりました。


【猟場の掃除屋達】
 解体をはじめて少しすると、上空でやかましく騒いでいる連中に気づきます。カラスたちがお出ましです。
 それを無視していると、森の中から視線を感じたりします。コレは大体においてキタキツネ。
 おこぼれを頂戴すべく参上した森の掃除屋さんです。無料で作業してくれる点は良いのですが、大量に繁殖されても困る部分も出てきます。ですので、鹿残滓をそのままにして帰るような事は止めてください。そんな事をしていると、掃除屋の大ボス、ヒグマがおいでになる可能性があります。こいつだけはしゃれになりません。

2009/11/9-1

【ヒグマ対策】
 知識ある人いわく『銃声がするとヒグマが寄ってくる。鹿肉にありつけると思っているからだ』とのことです。
なので、一応解体中は銃をそばに置いて作業をしたほうが良いでしょう。
 先も書きましたが、残滓をそのまま捨ててくることは危険です。ヒグマは一度に食い尽くす事をせず、時間をかけて喰っていくと。其処に別のハンターが来て、獲物(残滓)を横取りされると勘違いしたヒグマがそのハンターを襲う可能性もあります。牧草地付近なら農作業の方が被害を負う可能性もあります。そう考えると、安易に放置してその場を離れる事ができない意味を御理解いただけると思います。
 責任を持ってできるだけの処置をしましょう。

 
【精肉後のお肉の処置】
 10月終わり~11月初旬の北海道の気候は、朝晩はがっつり冷え込みますが日中は結構気温が高くなります。静岡と余り変わらないですね。
ですので、基本体温が高い鹿(40度?)ですし、毛皮の下にはこれからの厳冬に備えて脂肪を厚くつけています。内臓抜きをしていても、毛皮が付いている状態で車に乗せて走り回っていたら、肉の温度が下がらずにダメージを受けると思われます。
皆さんも、スーパーで買ってきた肉を車内に放置して日がな一日走り回ったりしないと思います。
命あるものを倒して手に入れる肉です。できるだけ美味い肉としていただくことが供養でしょう。

 ですので、私の場合は肉とした後には最短ルートで宅急便の支社に走ります。取次ぎ所もありますが、ここは基本「取次ぎ」ですので保冷装備を持っているかが疑問です。(郵便局の場合は、集配局のみ機材があります)ですので、お肉のためにすぐに冷凍設備に入れる事ができるところへ運ぶようにします。

北海道の場合、支社がある場所は近いとはいえません。燃料も時間も食います。でも行きます。もたもたしていて、せっかくのお肉が腐肉になったら意味がありません。

私はうっかりして、宅急便の支社情報を確保せずに行ってしまいました。携帯で近くの大都市の宅急便支社を聞き、そこに電話をかけて、さらに近い営業所を教えてもらうようにしました。

折角、人口密集地に行くのですから残滓を捨てさせてもらう、荷物を出す、燃料を補給する、リアカーゴトレイとブルーシートをを洗浄する、食料を買出しする等など一切合財やるようにします。

 燃料補給に付いては、本州のように町と町の間でも国道沿いであればGSがあるわけではありません。なので、燃料計の針が下がっていたら(道東を走っていればかなり消費します)入れてしまったほうが精神的に安心です。帯広・釧路・北見などの大都市圏で無ければ24時間営業のGSなどございません。

林道を抜けるまでは猟場です。
ですので、二頭目のチャンスもあるかもしれません。逢えるかどうか解らぬのに日暮れまで走り回って腐肉としてしまうよりも、結果として良いのではないでしょうか。
そう考える事も「猟場での余裕」に繋がるのではないかとも思います。余裕があれば事故も違反も起こしませんよ。

二頭目に出会い、射獲して解体するのにかかる時間は?掛かっても1時間でしょう(解体場所の足場などで変化することもあります)。これならお肉もさほど痛みません。

宅急便を出し、他の用も済ませたら猟場に復帰・・・ですが。
朝一番の時間で一頭目(乃至もう一頭)を倒し、処理し、出荷したとすると、時間はすでにお昼近くです。鹿サンはその時間は安全な場所で寝転がって夜のうちに食べた草を反芻したり寝たりしています。闇雲に林道を流しても、あまり出会いはありません。

では、何をするか?

私の場合、林道開拓・昼飯(朝ろくに食べていませんし)・風呂または国道を使って別のエリアに移動する時間でした。
林道開拓には、林道の位置・状況を確認するほか、車両を置いて渉猟することも含みます。朝方とちがって、のんびり過ごせるのがこの時間帯です。

【林道開拓】
 私にとって、猟で入った事が無いエリアばかりでした(バイクツーリングで走るだけで利用していた)。それゆえ、猟の場所としてどうなのかを体で感じる必要があります。なので積極的に首を突っ込んで見ました。
支道(林道本線)は整備がしっかりしていますので問題はまず有ません。問題は、その支道から分岐した道です。これは、十中八九行き止まりです。そして25000分の一の地図(携帯ナビゲーションはこの地図をもとにしています)にも記載があったり無かったりです。
 気分はまさに 「冒険」 です。
 道が急に行き止まり なのはお約束。驚きもしません。
 焦るのは、カーブを曲がったら道が流されてございません!と言う場合。よそ見していたら溝に落ちます。一見、道が続いているように見えるので、実は皆さんが(多分、想像される以上に)怖い相手です。
 土砂崩れで道がふさがっている場合は、普通に見ていればわかるのでこわくありません。

 ま、どっちにせよ電動ウィンチなる文明の利器など搭載していませんので、ある意味『特攻ワンコズしろ&ぷっちょ』です。

 良さそうな場所を見つけると、ぷっちょを散歩させてトイレ欲求を満たした上で留守番してもらいます。渉猟しつつお散歩です。実は、行動二日目の27日に『私の肉ストックの限界である二頭』を中距離射撃で御馳走様しておりました。それゆえ、時々出くわす鹿がいてもパスアップしてばかりです。保存できない量の肉をとっても無駄なだけ。

 その気分ですから、殺気が出ていないのでしょう。沢山の鹿に出会い、みんなに逃げてもらいました。
 「殺気」 別の言い方では「頭から火柱が立っている」等ともいいますが、それが出ないんでしょうね。コレについては、また後で述べたいと思います。

 テクテクと汗をかいて山を歩き、足跡が残るような場所では地面に残された足跡を辿って勉強したりもしました。
 それに飽きると、車のある場所をナビで確認し、等高線を見つつ歩き安そうな高低差を選んで戻ります。

 コレを繰り返すと、ある程度頭の中にマップが出来上がるわけです。

【風呂】
 「お風呂はどうしているんですか?」
この質問は二年前から良く伺いました。旅館・ホテルなどに泊まっている人は備え付けの風呂に入れば済みます。車内宿泊の場合どうやって済ませるんだろう?と皆さん疑問に思われていたんですね。

 お風呂は大好きですから入りますよ。入らないと気分が滅入ります。

 今回、北海道に多い『無料露天風呂』に注目しました。
ロケーションも特徴があります。
1.街中になんぞありません。(あたりまえですが・・・)大体、車でないといけない場所です。(例外は屈斜路湖の温泉ですな)
2.脱衣場なども無いところが多いです。一部、脱衣場があったりする場所もありますけどコレは稀有な例。目隠しもない男女混浴が殆どです。
3.夏の観光シーズンは、物好きな冒険的志向をもつ男女が沢山きます。しかし、オフシーズンの今訪れるのは地元の人ばかり。

 つまり、誰が来てもすぐに解る露天風呂なわけです。

ほとんど誰も来ないならば、銃と弾薬を風呂の脇まで持っていけます(当然仕舞いこんだ状態です)。管理は完璧!(温泉旅館での場合と比べると面白いんですが・・・)

 というわけで、私は銃の横1Ⅿで『極楽ごくらく・・・』 ぷっちょはその脇で探検しまくり、という図式が完成です。

 先にも書きましたが、実働二日目で目標を果たしましたので、目を三角にして血走らせ、殺気を周囲に振りまきながら走る必要が無くなりました。それゆえ、途中からは余裕かまして『温泉開発』に主眼が置かれたのも事実です。

私が訪れた露天風呂を書いて見ます。有名どころですので、温泉名で検索すれば写真をご覧になっていただけるでしょう。
私の独断で順位をつけて見ます。

①岩間の湯:大雪山系東方にある露天風呂

②からまつの湯:養老牛の横

③菅原温泉:養老の牛の西方

 ①の岩間の湯
は、林道を延々と走り続ける事小一時間、清流(激流でもあります)を横断して、その後現れるウォッシュボードを切り抜けてようやくたどり着ける場所にあります。なので、クロカンタイプの車で無いと ・水をかぶってエンジン停止 ですとか ・ウォッシュボードで亀の子乃至オイルパン破損でエンコ となるのです。 川を渡る前に駐車できるばしょがありますので、荷物を持って歩いて川を渡るやり方もありますけどね。最終駐車場から露天風呂までは、川にかけられた丸木橋を歩いて渡ります。高いのと低いもの二本あります。ぼくは平行バランスに自信が無かったので低いほうで行き来しました。(高いほうから落ちたら、間違いなく重症を負います)
 お風呂の数は総勢5箇所。まあ、ようつくったねーと作成者の努力に敬意を表するのです。お湯は白濁。いい湯でしたよ(11月の時点で)。谷あいの川沿いに展開していますので、空はあまり見えません。
 キャンプをしたくなる人もいる様子です(地元の方より情報聴取)。が、周囲は大雪の山奥、ヒグマの巣です。キャンパーが自分の責任でヒグマに殺されるのはしょうがないかもしれませんが、それが原因でこの露天が封鎖されたら損失です。御自重ください。

 私も15時近くに到着し、日暮れまでどっぷり楽しんでおりました。暗くなると怖いもんです。ウォッシュボードをすぎ、川を渡ってからは全力運転で国道に出るまでひた走りました。今回、私が入浴したお風呂の中では、アクセスは最悪です。でも、いい想いでです。

 ②のからまつの湯
は、養老牛の「山の斜面に牛の文字が見える場所」からだとすぐに行けます。北のほうから林道を入るとかなり距離がありますので御注意ください。簡易な脱衣場があります。お湯は、横の川から引き入れる水の量で加減できます。私が行ったときは少し熱めでしたが、雨の中はいっていたので丁度良かったかな。お湯は透明。横に源泉を冷やす?お湯の貯水槽があります。先客が其処で「温泉卵」を作成しておりましたw。其処は砂利。真横が小川です。オショロコマいましたぞ。トイレはありません。が、よこに水洗トイレがとうとうと流れております。用を足した後は、御尻を突き出したままで洗面器に汲んだお湯でよくよく洗浄しましょう。

 ③菅原温泉
は、国道から20分ほど走った場所です。休憩所・脱衣所・トイレが用意されていました。夜間の入湯者が不便でないように、車のバッテリーにつないで照明をつけることも可能です。お湯が冬場にはぬるかったので、ササッと入って撤収しました。露天風呂初心者にはお勧めでしょう。

なお、オフシーズンですので若い女子も昔の美女にも会いませんでした。日ごろの行いが悪いんでしょう。

20091109-2


【内臓は?捨てるしかないの?】
 という御質問を頂きました。
 内臓にも、いろいろございます。私は ・腸 ・レバー ・心臓 ・胃袋 ・その他ゾーモツ と適当に分類しております。

処理の環境とそれに取り掛かれるまでの時間で、食用になる/腐肉になる が分かれると思っています。
うまく処理した内臓をつかったホルモン焼きや鍋物は美味いですよ。「うまく処理した」が大事です。

 猟をやられている方なら、内臓系がいかに痛みやすいか(腐りやすいか)は御存知でしょう。エゾ鹿などは、射獲後にそのまま車に積んで走り回っていると、数時間で腹が膨らみはじめます。発酵ガスというか、まあ、腐ったガスです。もうちょっと経つと、その車から死臭が漂いだします。キタキツネやカラス、そしてヒグマには『芳香』、よだれを流して(カラスが涎を流すか知らんです)近寄ってくるでしょう。
 
 なぜ、そんなに傷みが早いのでしょう。想像するに、エゾ鹿の体温が人間などと比しても高い事(40度とか)と、体を覆う分厚い脂肪と毛皮が原因と思います。 (ですので、鹿を倒したら持ってくればカネ・・・というのも私は『内臓そのままかよ!』と思ってしまうんですけども)

 ですので、処理するのは迅速が一番大事と思っています。<<時間との勝負


 次に大事なのは、処理環境。
私が内臓を持って帰る/諦める の境とするのは、新鮮な清水がある場所かどうか、です。
上流に人家/牧場がないこと。当然工場なども含まれます。そういう場所の沢水があれば、内臓も持って帰るべく怒濤のごとくクリーニング作業を開始します。

 なぜ清水?
切り裂いた腸と胃袋の中身を直ちに洗い流すためです。ナイフで裂いて、内容物を洗い流すだけでは不完全です。冷却にも役に立ってくれますし。

腸を例にとって説明しますと、

内臓付きの体をズールズルリと引っ張って、川の流れに持って行きます。
傷を付けたら駄目な部位(膀胱(臭くなります)やら大腸やら(精神的に嫌です)丹やら(苦くてたまりません)を良く見極めて、持って帰る部位をかき分けて探し、ちょん切ります。上記のマズイ部位を先にうまく取り出し下流に投げてしまうもよしです。
水の流れをうまく使うと楽に自動洗浄にもなります。

腸を取り出します。私は胃袋側から適当な長さを順次切り取ります。残りは順番が来るまで水流に漂わせて置きます。

切り裂く=消化済み吸収中の青草を押し出します。結構大量に入っていますので(青草ウィンナーそのもの)、下で使う作業場と本体と離れた場所でやったほうが良いですね。
 ↓
洗浄=速やかに水の中で揉み洗い。
 ↓
こそげ落とし=腸の中にある繊毛にもこびりついていますので、これを平たい石の上に置いた鹿皮の脂肪面に載せて(水につかるようにして)ナイフで擦って(刃を立ててスライドさせる。切るわけではありません)きれいにします。一方向へナイフを動かすだけでなく、獲物を回転させながらシャコシャコとやってください。根気が要ります。

 文章で書くとこれだけです。が、腸は長いので結構大変です。腰にきますね。

胃:腸と同様です。ウシの仲間ですので胃袋も巨大です。煮物にするのに適しているかと。

心臓:昔はハートステーキに凝っていたときは良く持ちかえりました。最近は飽きました。

レバー:コレを持ちかえるなら、いの一番に取り出して沢水で冷却です。同時に揉んでもんでもみ倒して余計な血を排出します。結構時間を食います。私は生よりステーキが好きです。にんにくベースで。

内臓も処理次第で美味しくいただけますよ。書いていたら食べたくなりましたので、本日はモツ鍋にしましょ。

 今回の猟では、実働最終日にメンタ二頭を清冽な沢の岸と洲で射獲できましたので内臓(腸とレバー)も頂きました。

20091110-1モツなべ仕込み開始<(_ _)>

書き忘れました。クリーニング完了した内臓は、別々のゲームバッグにいれたほうが良いみたいです。また、水切り(??)は念入りに行ってください。

 おかげさまで美味しいモツなべでございました。<(_ _)>

【山中の林道と牧草地との違い】
 山中の林道を使って鹿を追うのと、牧草地に出ている鹿を追うのとではやはり違いが出てきます。
 何処に差があるか?
 私は臆病なので、バックストップの有無が凄く気になるのです。

 牧草地に出ているエゾ鹿たちは、殆どが境界となる林(自然林であったり、防風林として設置されたものだったりしますが)と牧草地の境目におります。夜間は堂々と牧草地のど真ん中にいたりしますが、明るくなると日陰となる境界付近に居ります。

 私が気にしてしまうのは、その林の向こうがどのような地勢なのがが気になるのですね。すぐ向こうも牧草地で、その向こうに農家があったらどーする?ですとか、その向こうには乳牛や馬がいたらどうしようとか。こうなると怖くて撃てません。

 ですので、牧草地にて発砲する場合は、俯瞰図として周囲の状況を理解していないと私は撃てません。(ですので、余り牧草地には興味がなかったりします。覚えられないだけだと言う声も聞こえますが)

一方、山間の林道の場合はこの危惧が余り感じられません。林道が通っている場所が平野のど真ん中と言うシチュエーションが余りない(ない事はないのですが、そういう場合見晴らしが良いために点在する民家などが見えますので発砲する気になりません)からです。
 両脇が山、道の下が沢(乃至、谷間)ですから、稜線にいる鹿を撃ったりしなければ、逸れた弾・貫通した弾が何処に行くやらと心配する必要がない。林道入り口に、奥で作業をしている場合は警告文がやら旗がでています。山菜取りの方がいる可能性がありますから、盲信は危険ですけどね・・・。
 
 山の斜面にいる鹿は、逃走するにも「最も撃たれる時間を短くできるコースを選んで」逃げます。
稜線近くにいる鹿が、左右どちらかに稜線に沿って走る事はまずありません。とっとと稜線を超えて逃げようとします。
ふもとにいる鹿は、必死に敵(ハンター)と自分の間に障害物を置くようにしつつ上に向かって逃げる事が多いような。
河川敷にいるやつは、ジグザグを描いて逃げてくれます(ジグザグできる幅がない場合は、岸に沿うようにして逃げます)。

逃走して身を隠すまでの距離が長いところにいる鹿は、斜めに逃げる(まっすぐ前に・横には逃げない)ような・・・。

このへんのことも、なかなか奥が深くて面白いですね。

 なお、北海道で憧れの長距離射撃をしたい!と夢見る方が多いようです。皆そうですかね。
今回、友人が距離450Mのオンタ(雄鹿)を308ウィンチェスターで即倒させたとの事です。皆さんにもそのチャンスがあります。
このような遠距離の場合、目標物を見つけて撃つかどうするかの判断をしなくてはなりません。倍率が高いとともに明るいレンズの双眼鏡でしっかり観察し、相手がオンタならば、ヤツは警戒心が旺盛ですので(そうでない牡鹿は、ビックトロフィーになる前にハンターに射獲されてしまいます)距離をいかにつめることができるかが大事です。
この友人氏は、大変研究熱心です。その熱意が射撃技術でも、現地の地勢を考えてのストーキングにも生かされた結果です。私のようにノヘヘーンとハンドルを握って、ほっつきあるいていては獲れません。

【晴れの日・雨の日・暴風雨の日】 
 晴れの日は、狩り立てる側のこちらも気分よろしくお出かけです。
 雨の日は、降る雨の量にもよりますが、エゾ鹿は立ち木の中で休息です。
 風も雨も強い暴風雨のときは、エゾ鹿は奥に入った分厚い立ち木の奥に避難しています。彼らが寝ているところまでいくのがえらい苦労です。接近する音はかなり消されますけどね。

 私も仲間も口を揃えて嫌がるのは「雨中解体」です。一度お試しください。

 そういいつつ、雨の中ステットソンを被ってカッパも着ずにうろつくのは私です。バカですねー。


【殺気/火柱】
 だれも自分では気づかないようですが、鹿を追い求めているときは「殺気」を漂わせている様子です。

 今回、次のような事が置きました。
 初期の最低目標を達成した私は、知人の家にお邪魔しようと北見付近の某国道を走って居りました。当然、銃はボルトを外して後部席に仕舞っています。完全移動モードです。

とある場所で、道の左側に立っている10ポインターの牡鹿を見つけました。昼間の11時ほどです。晴天です。余りにも堂々と路肩に立っています。先行の車はスピードも緩めず回避操作もしません(見えていないわけがないと思うのですがね)。

こちらは手出しができない状態。銃の準備が出来ていたとしても、周囲の状況から発砲はできません。オンタの反対側にはでかい石材工場がありますし。

探していてもなかなかで会えない相手。
10ポインター。 角の長さは80はあるでしょう。目の高さが車中の私の目よりも高い。

でかい!

『ムッカーーッ) この野郎!正々堂々と勝負しやがれ!』と車中で叫びました。窓は完全に閉まっていました。

それまでキョーロキョロと左右を見ていた鹿が、その叫びを上げた瞬間『ギョッッ!!!』として私を見ました。助手席でジャーキーを食べていたぷっちょも飛び上がりました(すまん)。

聞こえてはいないと思います。速度65Kで巡航していました。また、後続車もいるのでブレーキ操作もしていません。
それなのに、彼は反応しました。ギョッとしていた相互の距離は4M程度だったと思います。

これが「殺気」であり「火柱」なのだろう、と後で考えました。確かに、私も一瞬で興奮状態(激昂状態?)にヒートアップしていましたからね。目の前にいる彼に向けて、殺気を集中的に浴びせたのでしょう。
しかし。一体何を騒いでいたのだろうと後で赤面しました。勝負ちゅうてもなあ??

そしてまた別の視点から。
二頭とってからは、であいは沢山増えました。
二頭獲れた→これでいいや♪→殺気が消えた、という図式でしょう。

というわけで、余り必死にならないほうが良いのではないかしら??ちょっとそう思います。
火柱よりは貝柱ですよ。北勝水産のホタテバーガーうんまかったなあ。ホタテの貝柱を三つ入れたハンバーガーです。オンタとの出会いの午後食いまして、しみじみと「火柱より貝柱」と思ったのでございます。その調子で、最終日にも二頭頂きました。ゴチ。

なお、一部でまことしやかに語られている『覇気』ではないでしょう。オンタ気絶しなかったもの。チッ・・・未熟。

あ。あのオンタは是非私が倒したいと思います。国道333号沿いでトロフィーみたら、思い出してください。ツバツケー。

20091110-2


【鹿以外の御相手】
 市街地を一歩はなれると、、自然豊かな北海道には「うんこらしょっ!」とエゾ鹿がおります(若干の地域差はありますけどね)。

 そして、エゾ鹿以外にも多くの狩猟鳥獣が存在します。カモ類も豊富です。キタキツネもおります(食う人は余りいないでしょう)、アライグマは有害駆除対象ですし。カラスは膨大な数が乱舞していたり。散弾銃の方には、エゾ鹿に飽きてもそのほかで楽しめる地域です。

 そして、凶暴さでは人間といい勝負の「ヒグマ」もちゃんと沢山生息しています。
 北海道在住の人で、「そんな事をいっても俺は一度もみた事がない!(だから大げさに言うな!というニュアンスで)」いう人も居られますが・・・・どっちゃりいるんです。経験不足の私でも、山を渉猟していて足跡を何度も、場所が違っていますけど見ています。

 まあ。いる場所にいって真剣に見なければ「ヒグマの痕跡」には気づきませんから、見なくても当たり前なんでしょう。だからといって、いない、そんなにいない北海道では番犬の変わりにヒグマを飼っているってのは嘘だ!と強弁してもしょうがないわけです。番犬云々に付いて、顔を赤くして反論されても困りますし。愛媛県人を御覧なされ。
『愛媛の水道栓には、オレンジのポッチが付いたものがある。それをひねるとポンジュースが出てくる』というジョークと同義ですってば。(駅前で、このジョークを実際のものとしたというニュースを何時だったかな?テレビで見ましたけど) 静岡ならお茶ですな。

 一般的に、ヒグマ君が活動しているエリアにはエゾ鹿はいない、といわれています。本当らしいです。
糠平湖北方の狩猟可エリアですが除雪事務所?があるので撃てない場所でのこと。

幌加(ほろか)という廃駅記念施設?がありまして。その近くにあるという糠平湖(ダム湖)に半分沈んだ鉄道橋があるというので見にいったのですが、車馬乗り入れ禁止で断念して戻ったところにあるんです。(私は廃墟マニアかもしれません。哀愁を覚えるのです。)

この廃駅の周囲は全面「鹿の糞」で覆われていました。罠でもしかければ、シーズンを通して安定捕獲できそうなくらい・・・。
ぬかるみなどを注意してみても、ヒグマの痕跡はありませんでした。

その後、完全に人家などが途絶えて携帯も繋がらないエリアに入ります。ここは狩猟可能です。
林道の終点に車を止め、そこから渉猟を開始して30分後に見たもの。



携帯の映像なのでサイズが小さくてすみません。
 
 18センチほどの大きさです。ヒグマ君の後ろ足がぬかるみに残した足跡。

 この時点では、まだ余裕があったので ①一発しかいれていなかったので、弾倉3発プラス薬室一発とし  ②のんびりと写真を撮って、ハンティングネット社の社長と友人にメールで送り(電波がないので自動再送信になりましたけど) 足跡にたまった水がまだにごっているのを『見ない振り・気づかない振り』で自分に納得させつつ、メールには「古い足跡ですよ うん(-.-)」と書いたのでした。

 濁ってるって事は、足跡ができてから時間が経っていないって事でー。
空は晴天。いい日よりです。
『さて・・・おっかけべ~~~~』 邪魔なザックを其処に捨て(いいのか)、身軽になって追跡開始。

一時間ほど経過・・・。

 追跡していたヤツの足跡よりでかい足跡と、ちょっと小さめの足跡とが混在してしまい『未熟な私にはどれがどれやらわけ解らん!(^^ゞ』状況になりました。
そこで気合が抜けて戻る事にしました      らば、急に『恐いよー(;_;)』。

銃から手を離すこともできず、水が飲みたくてもザックのポケットに押し込んだままですので飲めず。煙草を吸うほどバカでなく。

肝を冷やしながらの避退行動を続けて、ザックを回収し、車に戻ったのでござーます。

 一人での渉猟って・・・・恐いときもありますよ。

 でも、一人なら自分の判断で決める事ができますね。

足跡がある地域には、古い鹿の糞はあっても、新しいのは見当たりませんでした。<コレをいうために恥を晒す小澤だった・・・。

というわけで。
ヒグマが活発に行動する場所からはエゾ鹿は避退している。両者が完全にオーバーラップしたエリアで行動しているとは思えない。
と、私なりに仮説をたてたのです。

でも。ハンティングネット社社長よりの話しで、お知り合いが『エゾ鹿を捕獲した後、真横の茂みからヒグマに吼えられて鹿を放棄して撤収した』と言う話しを聞きましたので 仮説を信じちゃいけませんよっと。ヒグマは獲物を横取りする事もあるという別の仮説が成り立ったりしますがね。

 しかし、ヒグマ同士の縄張り(行動エリア)はオーバーラップするのかな??しないものだと思っていました。

 ヒグマの生息数は、ここ数年増加するばかりの様子です。餌が通年手に入る(エゾ鹿が異常繁殖)しているので、空腹を抱えて冬眠を選択する羆の数が減って『大絶賛殺戮祭通年営業中』を選ぶ羆が多いとか。
 
油断せずに行動してください。

なお、羆を見かけた/撃ったけど逃げられた場合は、必ず警察/役所関連に届出しましょう。情報があるとないとでは大違いです。
手負いのヒグマの危険性は、ハンターなら解っているはずです。知らん振りをしてその場から逃げないこと。
責を背負えないなら絶対に撃たない事 ですよ。その覚悟がありますか?ありませんか?

偉そうに書いたからには、私の恥を晒しましょうか。



【北海道に黒豹がいる??】
 海が近いエリアで、車から降りて渉猟しておりました。天気は快晴、ちと風があるので笹の摺れる音がうるさい、そんな状況です。

 雑木林を探しながら歩いていました。「ありゃなんだ?」と思うとスコープで確認し・・・また歩き続ける。
 ちょっとくだりになった先に『なんだか黒いようなもの』が見えました。感じたというべき?

 ひょいと銃を構えると、(レティクルが、その『何か』をちゃんと指向するように調整・練習していますから)その『何か黒いもの』をドンぴしゃりと捉えました。距離は100メートル。

『黒い・・・ウシ・馬・鹿ではない。ヒグマッ!?』 顔の半分を立ち木に隠すようにして、右側顔面をこっちにむけているものと御対面です。
意識せず、引き金に力が入りはじめました・・・(安全装置を私は使いません。信用していないからです)
しかし、リリースする前に止めました。ええ。顔の半分しかみえませんし・・・それに

『目が・・・金色に光ってる???』
 ええ。右目がゴールドビームをピカラ~ン!と発しているんですよ。

目が光るか?夜じゃないぜ?・・・。
さらに良く見ると、顔が猫に見えます。ヒグマのイメージは、顔が丸い(横に膨らんでいるというか)と思っていました。
でも、ネコ族のような『シャープな顔つき』なんですよ。

一度銃をおろしました。積極的攻撃姿勢は無くなっています。頭の中は『なんだありゃ?』一色。

すぐさまもう一度構えます。先と同様に一発で向こうが視野に入ってきます。
スコープ越しにガンのつけ合い。

『やっぱり目が光ってるし・・・黒豹に見えるんだけどアレ・・・』
北海道に黒豹がなぜいるんだ?
動物園から逃げ出した?一番近いの釧路だろ?まさか~。
じっくり見ても、ヒグマじゃねえよ、黒豹だろ?(ずっと照準は合わせています。引き金を後少し引けば発砲です)

混乱して、もう一度銃をおろして右目を眼鏡下から左手を突っ込んで擦りました。白昼夢?人とここんとこ話していないから白昼夢を見ている?もしかして、俺気が狂った??(<自己診断ですぞ。静岡県警様・・・)

二秒ほどしか経過していないと思いますが、もう一度構えようとして・・・黒いのが消えています。
おりょ??とおもいましたが、立ち木とボサの関係、今まで見ていた体で覚えている場所は解りますから。

もう一度、念入りに見ますが・・・いませんの。


いないってことは・・・確かにそれが存在していたんだってことで・・・。熊だったのかなー?熊しかいないよなー?
でも、あんなネコみたいな熊がいるかぁ??

頭が混乱しつつ、それ以上行く気にならず車に戻りました。携帯の電波も復活しています。
 
解らないことは知識人に聞くべきだ!   ハンティングネット社に電話。でも銃は脇に抱えたままの臨戦態勢。

私『頭がおかしくなったと思われるかもしれないけれどさあ・・・』
H『いつもでしょ』
私『いやさあ~(完全スルー)。。。北海道に黒豹はいないよねえ?』
H『いるわけないべさぁ~!(大笑いしています)』
私『いまさ・・・目が金色に光った真っ黒な黒豹みたいなのがいたんだよ』
H『いまどこ?』
私『○○の山のほう』
H『あー。それならヒグマだよ。イケイケー!』
私『だって目が金色に光っていたよ?特撮みたいに。そんなのいないっしょ?顔も丸くなかったし。まんま黒豹!』
H『昼間だと光の加減で金色に光るよ。夜は緑だね。道東のヒグマは鼻が長いから細面に見えるよ』

だそうで。(-_-;)ヒグマだったのね、やっぱり・・・。地域におけるヒグマの個体差をレクチャーしてもらいまして・・・。

そのあと、社長の
『チャンスだよ~。いってブッテこいなぁ~♪』という暖かい御声援を頂きましたが・・・。
 
そんなぁ・・・ブッテブッテ!!は民主党の変態女性議員でしょう。。。おりゃーいかねえ。もうビビリミッター作動中。

銃を仕舞って、その近くにある町の事務所にて報告しました。出没報告ですね。

私の行動を振り返りますと。
ヒグマでしかないから、と構わず撃つべきだったか? でも、顔の半分しか見えない(胴体は笹薮に隠していやがったのですよ)。

銃の装弾は300ウィンチェスターマグナム。威力としては、羆には最低レベルぎりぎりでしょう。

頭蓋骨に着弾させるしかないわけです。

 でも、奴らの頭蓋骨は細長ーい・・・。何処までが肉とオケケなのかが判別しにくい・・・。
頭蓋骨にうまく着弾しても、確実に内部に浸透してくれるだろうかという疑問(銅弾ですね)。

千載一遇のチャンスを無駄にしたような気もします。でも、その後どうなったかは解りません。

あとで、ハンティングネット社長とその事をまた蒸し返しましての結論もあります。別の視点から見たものです。
 気づかずにそのまま歩き続けていたら?(私の考えていた進行方向にアイツはおりました)

ヒグマ側は、私が接近するので身動きができなくなってしまった(風音で接近に気づくのが遅れた)んだろうと。そして。

突然飛び掛られて、叩かれて御臨終。一発も反撃できないままでお陀仏・・・・すばらしい未来絵図。

気づいて覗いてよかったねー。おりゃ~やっぱり憑いている?ラッキー!  字が違うだろう・・・。


湧き上がった恐怖心を静めるために?街中で今期最高の御馳走を食いましてから・・・もう一度その現場に戻りました。
またいたら撃ってやる!!という気持ち、確認したいと言う好奇心が入り混じっての行動です。

足跡と、立ち木に絡みついた黒い毛を確認しました。足跡30センチ超え・・・・。でけー・・・・。

写真を撮りたかったのですが、銃から手を離したくなくて断念しました。


以上、ヘタレの恥さらしでした。
いろいろな御意見があるかと思います。私は終わり良ければ全て良し、としてこの件は終了しました。
生き残れれば、次のチャンスもきますでしょ。

まだまだ生きているつもりですよ。フフン。   へたれだけどさ。

091111-1

【かくれんぼっ!】
 11月1日日曜日。この日は北海道での猟行動最終日でした。
先にも書きましたが、自分のおなかに納める予定のお肉は二頭分を初日(行動初日の27日)に頂きましたので、余りやる事もございません。ゆっくり朝寝をして(<やる気のない証明ですね)、久しぶりにチーズサンドとホットコーヒーで朝飯でも食って、野中温泉にでも野中のお母さんを訪ねにいこうかなあ?雨天だからオンネトー湖と雌阿寒岳は期待薄だなあ・・・などと思いつつ。ぷっちょのトイレの間にお湯を沸かし、歯磨きをしてからコーヒーでも・・・。
 サンドイッチ作るのが面倒で、コーヒーだけすすりながら煙草をふかしていると電話がなりました。
ああ、ここは電波が通じるか・・・・なに?二人分の肉をとって、ですと?!

あのなあー!もっと早く言えよ!今まで見送ってきた鹿の数何頭だと思ってんの!と悪態をつきながら電話終了。

こりゃいけねぇ・・・さあどうしよう?
宿泊地の西方は、時々話しに聞く地名の処女地(私にとって)でしたので、そこにいって見る事にしました。

GPSのマップと、林道は余り頼りにならないカーナビと、狩猟地図を睨みながら・・・林道入り口を見つけ侵入開始。

林道脇に石碑があります。
車内から読んで見ると 『明治三十年、温暖な静岡と富山から八十戸が新天地をもとめてここ○○○に入植した。他の集落との交流も満足にできない獣道しかないような場所であった。(略)入植者は艱難辛苦に耐え開拓に励んだが、ついに昭和23年、この地を離れる事となった。(以下略)』
静岡から・・・・。私は、予備知識があっていったわけではありません。偶然でした。かなり驚きました。
考えながら、更に進むと慰霊碑が。雨中、降車して帽子を取って黙礼。線香はすぐに消えてしまいましたが・・。

 ところどころ、開けた草原がありました。開拓者の方々が原生林を開墾し、農耕地とした痕跡でしょうか。悄然としつつ走行。

一頭、左手谷川から女鹿が飛び出して右手のくぼ地に飛び込んだのが見えましたが、アクシデントで撃てず。また車に戻って・・。

と。林道の左手を流れる谷川に雌じかがいるのが見えました。ラッキー・・・と静かに車を止め、エンジンを切って銃を銃袋ごと掴んで降車。ぷっちょに『吼えるなよ。クラクション鳴らすなよ。留守番頼む』と囁いてドアを静かに閉めます。

斜面側を屈んで歩いて(鹿に見られないように)、右手にポケットにいれてあった弾薬をプラス一発、合計2発を握ります。

鹿の位置よりも更に戻ったところで静かに谷川側へ。銃袋を草むらの中で外し、装填します。スリングを軽く張って、静かに立ち上がりながら構えて行きますと・・・。

あっら・・・・。鹿がこっちにケツをむけています?まっすぐケツを向けて・・・コレで撃つと背ロース全滅だな・・などと考えつつスコープで確認しますと。

車のある方向に少し体を向けて(だから私にはもろ御尻が見えた)、顔を川岸の草木に突っ込んで『隠れているつもり』らしいんですね。

私の位置から見ても、車の位置から覗いたとしても身体は表に出たままです。『頭隠して尻隠さず』とは聞きますが、目の前でそれを実践されるのは人生初です。

何処を撃ったら・・・ええい、困ったな・・とスコープで見ていると、後ろ足がガタガタ震えています。書き忘れましたが、この春に生まれたばかりの一年生雌鹿でした。距離50メートルほど。

 照準をかすかに見えている首の付け根にあわせまして、発砲すれば頚骨粉砕で即倒乃至神経を傷つけて逃亡不可にできる状態となりました。頭を下に突っ込んでいるからやりにくい・・・。



撃てませんでしたっ!銃をおろし、ボルトを上げると(その音で『ビクッ!ガタガタガタ』とさらに怯えています。


『おーーーぃ。撃つの止めたぁー』と普通に声を掛けたら、私を直視しまして・・・『え?・・・気が変わらないうちにワタシ逃げますう!』とばかりに逃げて行きました。ギクシャクしていましたっけ。よほど恐かったんでしょう。

 車に戻ると、ぷっちょが不審げに出迎えました。銃声がしなかったから逃げられたと思ったんでしょうね。

『小川でね、子鹿がチョロチョロかくれんぼ。どんなに上手に隠れても かわいい白毛が丸見えだ。バンバンバンビちゃん見ぃつけた♪』
わけの解らぬ替え歌を歌いながら、また走り出すサーフでございました。

純情なやつでしたなあ。



【クラクションで声援?】
 純情バンビ遭遇の前に出会った雌鹿を生きながらえさせたアクシデントとは?

雌鹿が(よせばいいのに)くぼ地にジャンプして飛び込みましたので、『やったぁ!土産肉登場!!』と銃を抱えて降車して歩きだしてしばらくしたとき。

サーフから放たれたクラクション 長鳴二回。
『びいいいいいいいいいいいいいいいいいっ!  びぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいっ!』

びっくりして振り返ると・・・・ハンドルに手をついて、身体を伸び上がらせてワタシを見ているぷっちょの姿が・・・。
あっちゃーーーーーーーぁ。 
やめろ!そこから降りろ!と手で合図すると、素直に?助手席側に移りました。最初からそこで見ていろよな・・・。
執念深くくぼ地をチェックしましたが、すでにお逃げになった様子。キタキツネ一匹おりゃあしません。

ションボリと車に帰り、ドアを開けるとぷっちょがお出迎え。
『お肉どこ??』とキョトンとした顔で見ているぷっちょを叱り飛ばす!・・・ことはできません。

二年前、同様な状況で降車しようとした瞬間に「ワンワンワンッ!」と吼えて『俺も散歩つれてってぇ!』とやらかした失敗がありました。懇々と『吼えちゃ駄目。車からおとうが降りるときは吼えちゃ駄目。じゃれても駄目。解ったかい?』とそれ以後教育しまして、今回の猟では一度もそう言う失敗をしなかったのです。犬ながら利口なヤツです。

・・・・クラクションまでは考えていなかったなあ・・・。
良く言い聞かせるとともに、今後はドアロックなどされないように鍵も抜いてからドアを開ける事にしました。



【相棒 ぷっちょの存在】

 ぷっちょは猟犬ではありません。一頭のメンタを吼え止めし、私にスコアを上げさせてくれた実績はありますが、あくまでも狩猟犬ではありません。
そんな彼を連れて行くことには、批判もあると思います。普通なら、家にいれば(北海道に行くよりも)彼の負担はないわけですからね。
 飼い主の独善的考えかもしれませんが、本人には私といるほうがよいらしいです。普段、365日24時間私からはなれません。私以外から餌を貰うことも例外を除いてありません。そんな彼には、私もいろいろ話しかけて労をねぎらっています。彼も私を頼っていますが、私も彼の存在は大きなものと思っています。

1日、かくれんぼ子鹿のあとで二頭倒しました。先と同様、降車してドアを閉め、少しはなれたところで発砲。50Ⅿ程離れた河川敷でポケラーンと立っていたメンタをゲット。ボルトを操作して、それに更に照準を合わせて様子を見て・・と左手に何か気配。
『なんだろ?』と左に頭をめぐらすと、先のヤツよりもっとでかいメンタが逃走中です。

装填残弾は一発。ジグザグにダッシュしている鹿をスコープに収め(倍率は最低の4倍)、鹿の動きをトレースして・・・『折り返すそのときに撃ってみよう・・・落差は・・・無視!   ほいっとな~』と気楽に未来位置を(スイッチバックするだろうと思った位置に向けて)引き金を落としました。一瞬の後、逃走者は前につんのめって倒れました。距離250メートルほど。

奇跡はあるんですね。まぐれって恐い。

まだじたばたっていましたので、落ち着いて再装填した一発を心臓部に向けて打ち込み止めを刺しました。これで合計3発です。

回収道具をいれたザックを取りに車に戻ると、ぷっちょが運転席側ドアにへばりつくようにして大騒ぎしています。吼えずにシッポをぶんぶん。ドアを開けると大歓迎です。銃声は恐がりませんね。

『おかえりおかえり!ちゃんと留守番したよ!お肉どこ??お肉!!』こんな感じでしょうか。
『おう!ちゃんと獲ったぞぉ!肉にしてくるからもうちょっと待っててな!』と両手で頭を包んでゴシゴシ。喜びを分かち合える相手がいるという事はとってもいいことです。

また留守番してもらって、肉袋を両手でエンコラショと持って帰ってくる私を車内から見つけたぷっちょは更に大はしゃぎするのです。
御褒美とお祝い?の肉片をあげると満足げな笑顔となります(犬も笑いますよ)。肉を飽食したあとは、水容器を前足でペシペシ叩いて『喉渇いた!みず!』 利口な奴だ・・・。

昔は、「俺以外から餌食わないし・・連れて行くかあ」でしたが、今は「一緒に行動するのが当たり前」の存在です。
舌をちょっと出したとぼけた面構えのヤツなんですけどね。

091111-2


【保安】
 町で車を降りて行動する事も当然出てきます。
そんな時でも、どんな時でも銃と弾薬は自己管理しなくてはなりません。

私は普通に携帯しています。
銃はケースに入れて肩にかけ、ボルトは別途携帯。弾薬も別途携帯。当然、所持許可証やら何やらも携帯。悪い気を起こす奴がいても、私を丸ごと拉致しない限り『大して役に立たないもの』を持っていくだけです。

更に書けば、とある部品を外しておりますので・・・銃として機能させる事ができませんのです。Ⅿ70はとってもその辺便利なのです。

 身につけていないのは、刃物関連だけです。ナタを腰からぶら下げて街中を闊歩するわけにもいきませんやね。
これ等は、全て後部荷物室にあるRVボックスとかいうプラスチック箱に押し込めています。

後は身なりを替えます。オレンジチョッキに猟友会の帽子、それっぽいパンツにシャツ、トドメにブーツでは『簡単に推測されます』。
ですよね?(猟友会の誤射防止装備の知名度は非常に高いものです。有害駆除などのシーンをマスコミが放映したためでしょう。侮ってはいけません)

では、その逆を突いたらどうなるでしょう?
たとえば、タキシード は現実的でないので、背広にネクタイを締めて磨いた革靴を履いた人物が銃ケースを持っていても『普通の人』なら余り反応しないでしょう。『警官』なら、テロリストと思って寄ってくるかもしれませんけど。

『人は外見じゃあない』といいますが、この場合は『外見で判断されるのが世の常』です。
ならば、ハンターらしくない格好をして闊歩すりゃあいいわけです。

 というわけで、私はソコソコ高級なレストランで食事もしましたし、帯広の市街地にある「六花亭」というおみやげ物の定番であるお菓子販売店の二階で悠々とコーヒーブレイクとしゃれ込み、なおかつお土産を買って、サクサクパイ三本を自分とぷっちょで自己消費するために買いこんできたりしました。 そして、誰にも注目されずに終わりました。

結論。身なりが山用装備でなければ、銃のソフトケースを担いであるいているくらいでは誰も警戒しないし、威圧感も与えない。
(番外:六花亭のサクサクパイはまじめに美味しい。三時間程度しか持たないというので、いった人が食べる事ができる特権を持ちます。なお、二階に行かずともその横で無料コーヒーとともに食していけますよ。他のケーキも安いしお勧めです)

【車両の保安】
これは車両にもいえると思います。
山用の車は、基本目立ちます。でかいから。
そして、林道をもっぱら走るので、車全体に泥汚れがつきます。
さらに、車両に見えるようにして置いとけよ、と渡される国有林の入林許可証にはデカデカと「エゾ鹿猟・・・・」と書かれております。

最後の入林許可証はともかくとして、ハンターが乗っている車というのは非常に目立ちます。

オレンジ装備を身につけていると、対向車からも200Ⅿ先から『お?アレはそうだろう』となりますしね。

これはやはり危険でしょう。ドロボー以外にも・・・。いろいろ考えて対処してください。

あえて、この詳細は書きません。

私の場合は、
1.こまめに洗車する。
2.狩猟装備を車内の見える場所に置かない。
3.車を駐車する場合は、人通りの多いところを選ぶ。
4.たとえ公衆トイレを使わせてもらう際でも(露天風呂に入るときでも)銃装備は携帯していく。
等などの対策をしました。洗車は合計3回でしたね。

結構、足回りに泥が堆積します。それをつけて走っていると燃費も悪くなりますし、一般道に泥を落として走る事にもなりますのでチョコチョコと洗ってやるのは必要と思います。薮こぎしていると、ウィンカーなどの保安照明のレンズを割ってしまう事もありますし(気づかずに走っていれば「整備不良」で待ったをかけられて、ハンターと解ったらプラスアルファの手間をかけられますよ)。

川渡りでスタックして、脱出させたあとで、その先で洗車(キャンバスバケツで水を汲んでぶっ掛けて)したのは実は私です。
転んでもただで起き上がりたくありません。
ふき取りまではしませんでしたけど。


そろそろ、書くことも尽きたような気がします。また何か思い出したら書くかもしれません。

今回の猟行でお会いした方々にお礼申し上げます。
野中のお母さん。
フェリーでお会いした方々。
道内で会話したハンターの皆さん(地元の方々:いろいろな情報と御声援有難うございました。渡道された方々:その後いかがでしたか?)
某町営牧場の方(ヒグマ情報持ち込んで騒ぎにしてごめんなさい)。
某ハンティングネットの社長さん。(ヒグマに対する敢闘精神が少ない奴ですみません。)
無料露天風呂を維持管理していただいている地元の有志の方々、営林署の皆様。
洗車施設の利用を許可していただいたGSの店員さん。
寒い露天での夜間宴会に誘ってくれた旧友へ。(感謝)
ありがとうございました。


また、某釧路管轄のパトカー乗務員様。
ヒグマに出くわした後でしたので飛ばす気分ではございませんでした。2kも追尾してくださり感謝の念に耐えません。また遊んでください。臨検も実施していただけなくてブログのネタになりませんでした。
道東の警察にお願いがございます。
無謀な道路横断をする野良鶴を取り締まってください<(_ _)> あれはちょっと困ります。とろすぎます。
天然記念物を轢いたら・・・やっぱり??逮捕?((+_+))

2009/11/14

 なお、ここに書いた事、そして二年前の紀行につきましては、私小澤の個人的体験をもとにしての記載です。
当然、経験豊かな諸先輩方には『もっといいやり方がある』ですとか『間違っている』という事もあるかと思います。

 私は、この文も先の紀行も『ノウハウを公表するもの』として書いたのではありません。
日本は北海道における狩猟の『ごく一部』を静岡に住む私が経験して感じた事、それを自分なりに解釈して発表する事で、それに興味のある方々が『参考にして下さったら幸い』と思って作成しました。
 
ですので、書き方や表現、考え方そして行動が『断定的』と思われた部分があるとしましたら、それは私の文章力・表現力が足りないからのことです。御理解のうえ御容赦ください。


 私の拙文がきっかけとなり、北の大地を目指す人が増えたら(無事故無違反で!)うれしいだけの事です。


最後の?注意点。
 本州では、10月に入ったあたりで自動販売機には ホット が設定されますよね。
北海道では、11月になっても 全部コールド だったりします。厳しい。コレはなかなか辛い。何時頃設定するんだろう?

ですので、息抜きに暖かいものが飲みたいという人は、事前に保温水筒に詰めていくか、ガスストーブ(キャンプ用のコンロ)と小さいなべ等を(シェラカップで代用もできます)お忘れなく。

屈斜路湖の和琴半島にある無料露天風呂です。
夏の観光シーズンには、ココに入るのには度胸が要るでしょう。オフシーズンの今は、手入れもされて居らずコケと落ち葉だらけ。
コケのせいで?気のせいか臭いような・・・。でも湯は熱々です。脱衣場側から撮影側を見ると屈斜路湖がすぐ脇にみえます。
夜に身体が冷えたので早朝入浴しました。

向こう側が屈斜路湖。手前が露天風呂ですね。
この状態で入浴するのも馬鹿な私くらいでしょうか。夏はちゃんと手入れされていますよ。


余りの熱さに騒いでいましたら、ぷっちょも調子に乗って?私を助けようとした?なんだか知りませんが飛び込みまして。

顔が水面に出た瞬間『アチイッ』とヒャンヒャン悲鳴を上げて逃げ出しました。
写真はタオルで荒拭きをおえて冷静になった状態です。
拭いている最中、私の足は湯の中でした。その後湯から出た私の脚は真っ赤。熱過ぎたです。。




夕暮れ時のどこかの峠からみる屈斜路湖。美幌峠でないほうです。取締的にもこちらの方が安全かもカモ。
この後、川湯の町営温泉(銭湯形式)でヒトップロ(250円)。いいお湯ですよ。事後のコーヒー牛乳はお約束です。



林道遊び・・・林道探索の最中に見つけた滝です。
観光客は殆どこないと思います。
理由は↓

ヒグマ・・・・。
禁猟区でしたので、私も防犯上銃と弾薬は持って歩きましたけど。
こられたら、棍棒にしか使えませんね。

ですので、知る人ぞ知る大音声をだしました。『ゴラアアアアッ!ヒグマァ!デテクルンジャネエゾォ!』
( -_-)フッ ヒグマがそんなんで怯んだら苦労は無いて。気休めキヤスメ。


行けば必ず?寄るオンネトー。
残念ながら曇天。風は無かったので中国大陸の観光客は喜んでおりました。
雌阿寒岳に登山もしたかったのですがね。


11月2日 阿寒国道にて。霜で笹も樹木も真っ白でした。
日陰は気を使います。

身体が冷えたので、野中温泉で一時間温まりました。
091115 追記
野中のお母さんとお話して。寛ぎタイム・・・・。

そういえば、二回目に伺ったとき(1700ごろ?)姿は見ませんでしたが外国の方が予約無しで御来店。宿泊したいと。
うーん。
三十分前に阿寒国道(でしたっけ)からの分岐を走りましたけど、だーれもおりませんでしたが・・・・。<オンネトー側からというのは余り考えられないかと。
キツネの化身や!!と内心思いつつ、お母さんとハンター氏、そして外国のお客様との掛け合いを興味津々見守って居りました。

え?通訳しろと?
(゜.゜) 片言の日本語から推察しますと、中華圏の方かと。
私が喋る/書ける/聞き取れるのはマリーンイングリッシですの。まりーん。マリンコープス。レザーネック。デビルスドッ・・・。
ケホン。中華圏とかかわるとろくな事がないという親の遺言もありますのでパス。 親生きているけどさww。

真っ暗な何処かから現れいでたる外国人サンは、よこの国民宿舎で収容された様子です。



御質問を頂きました。
【あなたにとって北海道はどう言う存在ですか?】
 (*_*; えっと・・・住むには覚悟と実行力が必要な場所。「試される大地ほっけーどぉ」。模範的回答。

 正直に書きますと。まともな??(本格的な)雪かき何ぞしたこたぁありません。ドキッパリ。

 そうですねえ。26年前がそのまま続いている場所です。
VT250FcのDOHCサウンドとともに駆け抜けたあの夏。大学生の金無し時間あり暇あり刺激求む! コレが今も北海道にいくと復活するのです。ピーターパンシンドロームの北海道Ver.かもしれませんけどね。

26年前の北海道は・・・それはそれはワイルドな所でした。その刺激が癖になったのかもしれません。
26年後の今、当時の記憶を辿ると『ぬるい場所』となってしまいました。山奥深く分け入る事で、十分に相殺できています。

 私が足を踏み入れる前の北海道を旅した方からお聞きした事があります。
結論。私が行ったときは、その方が行ったときと比べりゃ『ぬるい』!!!

・・・・そのときに行って見たかった!! うらめやし・・・。

ええ。私は都会より田舎です。野生です。自己責任大歓迎。

 話が逸れますけれど。
知床に『カムイワッカの滝』なる場所があります。川が温泉なんですよ。そこを遡行していく。よじ登っていく。滑って落ちて頭蓋骨かち割っても自己責任。救急車は一時間くらい掛かるよ?

26年前にそこに行きました。三点保持をおそわりました。沢登りの基礎も教わりました。山屋さんなら、この言葉の意味はおわかりいただけるでしょう。 
観光気分じゃありません。まじめにね。

其処を頑張って遡上してたどり着いた滝つぼは『別天地の露天風呂』。
酸性ってか、酸っぱいんだよ!十円玉が新品の輝きに!歯がとける!というような強酸性のお湯がなだれこむ湯船・・滝つぼだ、そこに男女がスッポーンポーンで御入浴。(若い男女が です)

マツタケ(生育地により生育度に差があります)やらアワビ(生育地により海草の成長に差があります)もね・・・。見るだけならタダ。触ったら御法度。これお約束(笑)。

見たいなら見れば??という気風・・・。 私も素肌の付き合い語り合いをさせていただきましたっけ。

それが嫌なら、とっとと帰ればよい。入るなら御覚悟めされよ。単純明快です。

それが今では、事故防止のために遡上禁止。

救急車も時間が掛かりますし。重症の場合は網走まで搬送しなくてはならないという問題もあるでしょう。


でもね。

こんな『過剰な観光客を保護をする自然公園』は余りないのではないですか?
アメリカの自然公園で、黒熊(グリズリー)に襲われた!これは○○の責任だ!』と訴えたという話しは聞きません。
アリゾナ州政府を『グランドキャニオンをトレッキングしていたらコケ落ちて骨折した!責任取れ!』と訴えたバカの話しは聞きません。

それでいいのではないですか??? 大人でしょ?(ガキは大人と同じ口を利くな!)
事故→観光客が減る という考え方は「大人の考え方ではないでしょう??」

自己責任。 大人は自分の行動に責を負うものです。他人の責と擦り付けるのはコゾウです。

サラ金に借金し続けて自己破産した!止めてくれなかった知人のオメーラにも責任がある!!というのと同じでしょう?
その意味が解らないなら、来なくて結構!

知床自然保護運動もいいですよ。でもね、そういうことも言ってもよい・相手もそれを理解してもいい時代ではないかとおもうのです。

誰かが怪我しました。その責任は本人が追うことをせずに「だれかに責任転嫁する」ような世情が存在している。
それが問題ではないかいな???とおもう今日この頃です。自分で考えて判断しましょうよ。


トムラウシ岳でこの夏に起こった遭難もね。
ま、いろいろありますが。いろいろと指摘したくなることがありますが!
防寒装備と最悪の事態に備えたシェルター(ツェルト)も持たずに、自分で判断しないで!その責を旅行会社に負わせるというのはちょっとな!!!!とおもう小澤がおります。

というわけで つき離したほうがいいんじゃないの??? と思う小澤の戯言ですよ。ええ。戯言。
自分のケツは自分で拭きませう。

091115


「旅行記読んで北海道行ったけど・・・・鹿いないぞお!」

とメールを頂きました。
うぬ。私は「沢山の鹿を見送ったよ~」と書いた立場があります。検証しませう。

頂いたメールをそのままコピー&ペーストするのも不味いかも知れませんので、ところどころ引用します。

「牧場脇の林道を一生懸命走りましたがいませんでした」
うーん・・・捜索のノウハウかもしれません。
多分、居たのではないかと思います。でも、石化け木化けしていた鹿を見逃したのではないかと。

鹿は、明るいところにボケラーンと突っ立っている(のも偶に見ますけど)のではなく、自分とハンターの間に遮蔽物を置いていることが多いです。<車の接近に気づかないで逃げるタイミングを失ったような奴の場合)

ですから、鹿のシルエットをそのままずばり追い求めていると気づきません。

木から飛び出した変なシルエット(顔とか耳とか角とか・・・)を探せるか否か?
「んなの簡単ジャン!」という人もおられると思います。 しかし、私には難しいことです。目の慣れも絡むと思います。

等と偉そうに書いていますが。
僕も実はこれが苦手です。北海道に行くようになって10年なんですけどね。最近、ようやく「一点集中でなく、全体的に見る」ということの意味が解ってきたような気がします。簡単なようですが、これは難しいです(私個人的意見)。

単純バカスロースターターな私ですので、それもあって渉猟にこだわるのかも知れません。
歩く速度です。音を立てないようにニンジャウォーキングです。目玉だけは音を出しませんのであっちこっちキョロキョロできます。


渉猟なら、足跡・寝床をみつけてそこから頭脳戦(推理洞察ヤマカン)ともなります。
わたしはこっちの方が面白いです。

運が悪いと、ヒグマさんと御対面ですけどね。普通は、相手のツラ見た時は『黄泉の国いき高速バス片道切符』が一緒に手渡されるのです。

あとは行動時間ですか?
早朝、日の出を一時間も過ぎたら普通はいませんよ>牧場付近
絶対じゃあないですけど・・・。
日の出前は、「邪魔だ!どけ!日の出すぎたら勝負しろや!どけどけ!」と牧場付近の林道でエゾ鹿を邪魔者扱しているのが現実です。
日の出すぎたら、林道よりも更に奥の山間で反芻して寝てますよ(例外はあります)。つまり、牧場付近からは綺麗さっぱり鹿はいなくなっています。

夕暮れ=水を飲みに高地から下がってくる。
夜間=お食事タイム。とりあえずどれだけ大食いできるかが勝負です食べまくり!
夜明け=水飲んで寝床へ撤収!
昼間=うつらうつらしつつ胃袋のものを反芻して「一胃袋で二度美味い」と消化・休養に専念。
夕暮れ=歩きながらウンコして~お水のみに行くの~。

これが基本的ルーティンでしょうか?

御参考に・・・・なるかしら?