http://www.sefa-japan.com/

ライフル弾薬莢 クリーニング用品


 アメリカ Cadie Products 社製  KRAZY KLOTH(クレージー・クロス)
 薬莢クリーニング用布 アメリカ製

 約15×22cm 特殊研磨剤含有布
 

 発射後の薬莢ケースの首及びボディのクリーニングにお使いください。研磨剤は布に含有されています。長期の使用に耐えられます(使い捨てではありません)。
ご使用後は、付属のケースにお仕舞い下さい。
薬莢を磨くほか、クロームメッキなどを磨くことにも使えます。

 税別価格¥1,204- 消費税8パーセント込み価格¥1,300-
クレージー・クロス 薬莢磨き専用布 一枚入り \1,204-(税別)  購入数







注記 
1.汚れても洗濯はしてはなりません。黒く汚れても使えます。
2.塗装面、テフロン仕上げ部分およびガンブルー仕上げ部分には使わないで下さい。ですから、車などを磨くのも駄目です。フライパンのこげ落としも止めてください。
3.衣服等の繊維につかないようにご注意下さい。
4.薬莢等の表面に泥汚れ・砂埃などが付いていないことをご確認ください。付着している場合はあらかじめ雑巾等で拭きとってから磨いてください。
5.磨き終わりましたら、手をよくウェスやティッシュペーパーなどで拭いてください。その後、薬莢を拭きとってください。 
6.若干の刺激臭がありますが、鼻を近づけて嗅げばわかる程度です。私は密閉した室内で作業しても気になりませんでした。気分が悪くなったりもしません(私は、です)。
7.手に薬液がペットリと付着しますが、長時間作業してもちくちくしたり指紋が薄くなったりもしません。注意書きを念入りに読んでも「素手で作業するな」と書かれていませんが、「敏感肌の人はゴム手袋を着用して作業してください」とあります。(※薬液が付いた手で眼を擦ったりしたら駄目です。眼科へ!) なお、注意書きには「作業後、石鹸でよく手を洗ってください」とあります。

クレージー・クロスで処理した例です。

写真右:300ウェザビーマグナム 西富士射撃場で拾ってきた雨ざらしモノ。
 下側をテープで覆い、上半分を磨きました。かなり腐食が食い込んでいて、ボディはまだしもネック部分の火薬滓を取るのに手こずりましたが、一分ほどでここまで磨けました。

小型の薬莢:308ウィンチェスター。三日前に射撃したもの。
 左の二個がクレージークロス処理したもの、右側二個は何もしていません。ネック部分の汚れに御注目下さい(薬莢下部にみえる境は、ノーマル薬莢をスモールダイスで処理した為、絞られて残った痕です)。
右側の二つの処理時間。
 ネック部分が10秒ほど、ボディは二度クリクリ廻しただけ。合計15秒。


理想的な使い方は、ともかく右から左へ磨き捲り、磨き終わったら手を拭いて、そのあとふき取りに専念することです。
拭き取りはウェス(木綿素材の手入れ布。古いTシャツなどを適当な大きさに切ったもの)をお使い下さい。荒拭き用、仕上げ用の二種が必要でしょう。

というわけで、ターボタンブラーで作業するより早い・薬莢チェックも出来るので、ターボタンブラーをヤフオクで売り払って、これでやっています。











http://www.sefa-japan.com/